橋口武史のOn the Beat vol.2

FMからつの番組、7月後半は
進藤先生のLPコレクションで
チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトをD.オイストラフのソロで。

20140720-215825.jpg

ラジオギター講座は
ギター各部の名称を話したあとに
ソルのエチュードOp.35-4を

コンサート情報のあとに
フォルテアのワルツト長調を

それぞれ私の演奏でお送りしています。

オンエアは
7/21(月)13:00
26(土)21:00
28(月)13:00
8/2(土)21:00

パソコン、スマホで
tunein karatsu
と検索して
世界中のネットで聞けるラジオ局を集めているTune in Radioのサイト
エフエムからつの番組「橋口武史のOn the Beat」
楽しんで下さい。

ラジオ新番組「橋口武史のOn the Beat」

エフエムからつで1年間続いた「橋口武史のクラシックルーム」は
7月からリニューアルして

橋口武史のOn the Beat

として再出発します。

月曜のお昼1時、または土曜日の夜9時に
唐津にお住まいの方はFMラジオを86.8MHzに合わせて、
唐津以外の方はパソコン、スマホで
tunein karatsu
と検索してみて聞いて下さい!

番組表の左上と右下をごらんください

FMからつ
7/5からスタートだと思っていたのですが7/7からのようです。

vol.1は
7/7(月)の13時
7/12(土)の21時
7/14(月)の13時
7/19(土)の21時
のオンエアになります。

内容は
番組タイトルにひっかけてMJのBeat it

私が拍子について本当に意識するきっかけになったハルサイ(ストラビンスキーの春の祭典)、

「進藤先生のLPコレクション」のコーナーではテイクファイブ

20140706-171753.jpg

「ビートな話」のコーナーではビートってどんなクルマなのか

ラジオでどれくらい伝わるかのチャレンジ「ラジオギター講座」のコーナーでは私の演奏でノクターン(C.ヘンツェ)を

「コンサート情報」のコーナーではまぼろしの記念すべき第1回目のオンエア日に共演していたはずの林麻耶さんのTime to say good-byをおかけします。

20140706-203116.jpg

クラシックルーム最終回

20140620-232543.jpg

何だかもう何年もやっている様な気持ちもしますが、
月に二本ずつで画像のLogicのファイル名が
CR24
ということは一年間続いた、ということですね。

最終回は私がはじめて買っ(てもらたっ)たCD、1986年の山下和仁さんの「ロマンティックソナタ」を特集してます。

パソコン、スマホで

tunein karatsu

と検索かければFMからつのサイマル放送が聞けます。
橋口武史のクラシックルームは
月曜日の13:00
土曜日の21:00
です。
最終回は6/21(土)、23(月)、28(土)、30(月)
にオンエアです。
ぜひ聞いて下さいね!
そして感想、リクエストを送って下さいね‼

後半はFM唐津のBスタジオではなくて
福岡のすたじおG(つまり自宅)で収録する様になりました。
いつも追われているやうな気分でしたが。

秋からはエフエムからつもサイマル放送がスタートしてネットが繋がれば世界中どこでも聞けるようになりました。

一年で取り敢えず一区切りつけさせて頂いて
7月からは心機一転、番組タイトルも

橋口武史のOn the Beat

と変えて再スタートします。

収録しなくちゃ….

クラシックルーム2014年1月前半

年末に収録出来ずに、年が明けてから録ったので
この収録は今日1/11(土)夜9時が最初の放送になってしまいます。

お正月の風物詩、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをクラシックルームでも
ということで過去の演奏からお届けします。

オープニング明けは
日本でもウィーンフィルのニューイヤーコンサートがずいぶん浸透するきっかけになった小沢征爾さんが振った録音を。

ヨハン シュトラウス2世 作曲
嬉歌劇「こうもり」序曲
小沢征爾 指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

続けて小沢征爾さんでもう一曲。
「この後は繰り返しです」
とドイツ語で言って笑いを誘うコミカルな

ヨハン シュトラウス2世 作曲
常動曲 作品257
小沢征爾 指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

因みに私は小沢征爾さんと誕生日が同じです。

映画「第三の男」で使われたツィーターが美しい一曲。
ヨハン シュトラウス2世 作曲
ワルツ「ウィーンの森の物語」作品325
ロリン マゼール 指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
ツィター:カール スウォヴォダ

ウィーン少年合唱団(子供のころ長崎公演を聴きました)が共演している
ヨハン シュトラウス2世作曲 トリッチ トラッチ ポルカ 作品214
クラウディオ アバド 指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
ウィーン少年合唱団

アンコールの定番、オーストリアの第二の国歌とも呼ばれる名曲をカラヤンの指揮で。
ヨハン シュトラウス2世 作曲 ワルツ「美しく青きドナウ」作品314
ヘルベルト フォン カラヤン 指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

この曲を聞かないと、そして一緒に手拍子しないとニューイヤーコンサートは終われません。
ニューイヤーコンサート育ての親、ボスコフスキーの弾き振りで。
ヨハン シュトラウス1世 作曲 ラデツキー行進曲 作品228
ウィリー ボスコフスキー 指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

番組最後の生演奏は
フランシスコ タレガ作曲
グランワルツ
ギター:橋口武史

オンエアではなんだか中途半端なクイズみたいなのを出してしまいましたが
答えがわかった人は番組までメールを。
メールは868@fmkaratsu.comまで

ということで
今回の収録は
1/11(土) 21:00
1/13(月) 13:00
1/18(土) 21:00
もしかしたら
20(月) 13:00も
オンエアーです。

20140111-190308

クラシックルーム12月後半

FMからつの番組「橋口武史のクラシックルーム」
12月後半はこの季節ということでクリスマス、年末特集。
ただのクリスマスソングをオンエアするのではつまらないので
バッハのクリスマスオラトリオから。

20131215-220310.jpg

こちらのCDから
クリスマスオラトリオ第1部 降誕節第1祝日用
第1曲 合唱「歓呼の声を放て、喜び踊れ」
第2曲 レチタティーヴォ「その頃皇帝アウグストより勅令出で」
第3曲 レチタティーヴォ「今ぞ、こよなく尊きわが花嫁」
第4曲 アリア「備えせよ、シオンよ、心からなる愛もて」
第5曲 コラール「如何にしてわれは汝を迎えまつり」
第6曲 レチタティーヴォ「しかしてマリアは男の初子を生み」
第7曲 コラールとレチタティーヴォ「彼は貧しきさまにて地に来りましぬ/たれかよくこの愛を正しく讃えん」
第8曲 アリア「大いなる主、おお、強き王」
第9曲 コラール「ああ、わが心より尊びまつる嬰児イエスよ」

第4部 新年用
第36曲 合唱「ひれ伏せ、感謝もて、讃美もて」
第41曲 アリア「われはただ汝の栄光のために生きん」
第42曲 コラール「イエスわが始まりを正し」

第2部 降誕節第2祝日用
第10曲 シンフォニア

をピックアップしておかけしました。
ソプラノ:バーバラ シュリック
アルト(カウンターテナー):マイケル チャンス
テノール:ハワード クルック
バス:ペーター コーイ
合唱とオーケストラ:コレギウム ヴォカーレ ゲント
指揮:フィリップ ヘレヴェッへ

今回の収録は前回まで使っていたDAWソフトを
ガレージバンドから
Logic express 9に替えてみました。
音源を一旦iTunesに読み込まないと使えなかったガレージバンドと違って
CDから直接リージョンに配置出来るので使い勝手は良くなりました。

スナップショット 2013-12-15 22-30-33

エフェクトの掛け方が解らないまま使い始めてしまったので
コンプもリバーブも不使用。

こちらの録音は
鈴木雅明 指揮 バッハ コレギウム ジャパンの演奏

オンエア中にも言及してますが
カウンターテナーに米良美一さん
バスはお掛けした録音と同じペーター コーイ。

オンエアは
12/16(月)13:00
12/21(土)21:00
12/23(月)13:00
12/28(土)21:00
12/30(月)13:00
2014/1/4(土)21:00

唐津のみなさんはFM唐津86.8MHz
それ以外の方はサイマル放送でお聴き下さい。聞き方はこちら