橋口武史と読む「マチネの終わりに」

2022.6.26

コロナもあってもう随分と間が空いてしまったこの企画。
やっと第二章に入りました。
二章も色々と音楽的な要素が強い表現が多くて
解説のしがいがありました。
その分、ギター生演奏はちょっと少なめでしたけど。

相変わらずゆうきの木のコーヒーは美味しい。
今回はLANで飛ばさずにHDMIケーブルを這わせてもらったので
トランジションや動画の再生もスムーズでした。
お手伝いしてくださった前川さん、お土産までありがとうございました。

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください