フルート&ギターコンサート

2022.4.29

おかげさまで、並べたイスちょうどくらいのお客様に来ていただきました。告知期間が短かったにも関わらず有難いことです。

上の写真は篠笛奏者の、ではなく、ウォーミングアップをするフルーティストの滝沢さん。古楽器、円錐管のルイドットはパッと出して吹けるものではないらしいです。キャブ車みたいなもんですね、と言っても最初は理解してもらえませんでした。

マジョルカホールの壁。マジョルカ島から取り寄せた素材だそうです。

このホールはギターにはちょうど良い広さ。ルイドットに合わせて使った19Cギター、プチジャンもいい感じに鳴っていたように思います。せっかくなので7月にソロコンサートをすることにしました。

翌日は朝から福津にある施設で演奏。帰りに、肉が食べたいと言い出した滝沢さんと木曽路へ。ごちそうさまでした

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください