ガッソーダン

先日、長崎ギター音楽院の新院長、山下光鶴先生が率いる長崎ギター合奏団、改め長崎ギターオーケストラの練習に参加して来ました。

てるかく先生の作曲家らしく細やかな指導で、全員集まったときにどんなふうになるか楽しみです。そう、コロナ対策で分散して練習してるんです。

全員集合するのは本番当日だけなのかなあ

ことある毎に言ってますが、私は合奏団の練習で初見能力を養ってもらいました。他にもギターのソロだけを弾いていたら決して触れ合うことのないレパートリーを演奏できたり、と合奏団、そして故山下亨先生には感謝しています。恩返しにどれくらいなるのかわかりませんが、これからも参加できる範囲でお手伝いしたいと思っています。

練習後、元船町から稲佐山を臨む。信号と新県庁が眩しいですね。

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください