MC文字起こし

では今月のランチタイムコンサートを始めたいと思います。

 ランチタイムコンサート紫音館でさせてもらうのは初めてです。

 1曲めは 最近ずっとやっております フェルナンド・ソルの作品を順番に弾いていくシリーズです。しかもこのプティジャンを使って、当時のサウンドになるべく近い感じでお届けします。この楽器は紫音館の中園さんの楽器です。

今月は作品4の「幻想曲」という曲です。

これは楽譜に「ミス・コンウェルのために」という但し書きと言うか為書きが書いてあります。どんな人なのか調べてないんですが。

曲の構成としましてはアンダンテラルゴの序奏に続いてアレグレットのロンドがあります。

ソルは幻想曲という題名でたくさん書いてますが、その中では比較的小規模な感じの曲だと思います。

ではフェルナンド・ソル作曲の幻想曲 作品4をお聴きください。

ハプニングなランチタイムコンサート

 

ぞろ目な2/22(月)、2月のランチタムコンサート、無事に、とは言えないまでも終了しました。

今回から会場を紫音館に替えたランチタムコンサート、先日の縁側発表会では問題はなかったと思われるwi-Fiのスピードが遅くて映像が止まったりしてしまいました。これからツイキャスプレミアムチケットを買ってくださる方は¥1000にします。
https://twitcasting.tv/f:2983573635039957/shopcart/53319

すでに買ってくださってる方には差額を返金ということでご勘弁ください。
次回は有線LANにします。

もう一つのハプニングは中野義久さんとデュオをしていたとき….
真相を知りたい方はツイキャスを見てください^^

 

 

くらいねティータイムコンサート

1/22(金)のお話。月に一回のくらいねギター教室ティータイムコンサートの日。モンブラン倶楽部のママから前日にラインが来たので期間限定ランチの最終日に行って腹ごしらえ。

 

満腹になってテラスで運指の確認などしてからくらいねギター教室へ。

 

いつものように前半は中野義久さんのソロでスタート!

 

後半がデュオで、すたじおGランチタイムコンサートと同じ曲目なので、反省を生かして、少しはマシになったかな?と思ったら最後の最後にミスるという….

 

ランチタイムコンサートはまだ2/1まではプレミアムチケットを購入して視聴いただけます!
https://twitcasting.tv/f:2983573635039957/shopcart/48269

一年間まとめ買い割引チケットみたいなのを作ろうかな、と思っています。

せとり

ポピュラー系ではセットリスト、略して「セトリ」とか言ったりしますが、要はプログラム、曲目のことですね。

昨日のすたじおGランチタイムコンサートvol.43のセトリです。

前の日にサンソン(山下達郎のサンデーソングブック)を聞いていたら「牛で棚から一掴み」をやってたもので、ヴィウェラのレパートリーから当時の流行歌を元にした3曲。
ロマネスカ「牝牛を見張れ」(A.ムダーラ)
「牝牛を見張れ」の主題による7つのディファレンシアス(E.ヴァルデッラバーノ)
「牝牛を見張れ」の4つのディファレンシアス(L.ナルヴァエス)

ソルの作品全曲演奏、今月は作品3ということで
主題と変奏、メヌエットOp.3(F.ソル)

ポピュラーソングアレンジシリーズ。ななつ星でもリクエストが多い小田和正の名曲。
たしかなこと(小田和正)

ここからは中野義久さんとのデュオでお正月っぽいきょくを。
一月一日(上 真行)
春の海(宮城道雄)
目覚めよと呼ぶ声が聞こえBWV140(J.S.バッハ)
羊は安らかに草をはみBWV208(J.S.バッハ)
主よ、人の望みの喜びよBWV147(J.S.バッハ)

生徒さんに発送するために弦を準備していたら、手応えが変なものが。
よく見てみると、なんと、中身が入ってない!

 

ラジオの音質

DSC_0287

二週間経ってしまいましたが、先日のラジオ放送を聞いてくださった皆さん、ありがとうございました。

7/26、19:00、教室のカロッツェリアDEH-P710(ほんとはカーコンポ)に繋いだDENON SC-T33SG(スピーカー)から流れて来たギターとフルートの音色にかなりの違和感。

すぐさま、録音を担当してくれた馬場さんに音源を送ってもらったら、会場で確認したのと同じで、ラジオでは音質がかなり変わってしまうんだな、と思いました。

昨日、FM福岡から音源が送られて来て、聞いてみたところ、馬場さんの音源と同じ印象でした。

ということは、編集してデータの音質を変更したわけではなく、電波に乗せる最後の段階でコンプとリミッターを自動的にかけて送出しているのではないかという結論に至りました。

生で聞いていただけるに越したことはないですが、こんなご時世ですから….