2017.3月コンサート その6

3/25はすたじおG縁側発表会@貴賓館 & 三村沙希大学卒業記念コンサートでした。
一昨年の12月から使わせていただくようになった貴賓館。4月から指定管理会社が変わるということでもしかしたら最後になるかもしれない貴賓館コンサート。イオンディライトのみなさんには今までとてもよくしていただきましてありがとうございました。

縁側発表会は本来は一軒家すたじおGの縁側付きの和室で行うミニ発表会ですが今回は特別に貴賓館で。生徒の皆さんはそれぞれ個性を発揮して素敵な演奏を披露してくださいました。一応、私も講師演奏ということで一曲。貴賓館に感謝の気持ちを込めて演奏しました。

15:00からは西南学院大学に入学されてからすたじおGにレッスンに通ってくれた三村沙希さんがこの度めでたく首席で!文学部を卒業、ということで記念にコンサートを開催しました。

大学の勉強と立派に両立しながら第43回山口県ギターコンクール大学生の部第1位、第5回長崎ギターコンクール第2位など着実に結果を残し、今後ますますの活躍が期待されます。

途中で一曲、わたしも出演させてもらってF.ソルの「第一歩」を共演しました。これから社会人として歩んでいくことになりますが、いろんな経験が音楽の糧になってきっと表現の幅が広がることと思います。

これからも素敵なギター人生を歩んでいってくださいね。すたじおGのみんなで応援しています!

ひょーし、はく

ここのところ何人かの生徒さんに続けて同じ説明をしているのでレッスンブログに書いてみます。

以前から拍子は大事ですよーと皆さんにお伝えしています。例えば4分の3拍子って何?と訊かれたら小学生の生徒さんは

一小節に4分音符が3個入ります

と答えます。そう答えたら誉めてあげます。ちゃんと授業をきいている証拠です。ガッコーではそう教えているみたいです。

ん~、間違いとまでは言えませんが本質は突いてないと思います。結果的にはそうなりますがね。

すたじおGのレッスンでは

4分音符を1拍とする3拍子

と説明しています。6/8は付点4分音符を1拍とする2拍子です。

拍がわかっていないとテンポの設定のしようがないですよね。

メトロノームで鳴らしているのは何音符に相当するのか、メトロノームの音とどの音符を一致させれば良いのか…これが判れば安定したテンポで演奏できるようになると思います。

写真は拍って目に見えないので、最近使ってみたオプティマのナイロン、ニッケルの弦。安定が早いです(バテるのも早いですけど)。

すたじおG弾き初め会

2017.1.22

先週の土曜日はすたじおGの縁側発表会、年明けバージョン「弾き初め会」でした。

二重奏を含む8組、8人(私も皆さんの中に混じってあみだくじを引いて4番目に演奏しました)の演奏と、演奏はしないけど聴く側で参加の5人でお互いの演奏を聴き合って楽しみました。

演奏の後は新年会、と言っても車で来られている方が多かったのでお酒は生徒さんが持って来てくださった有機栽培無添加ワイン一本だけ。あとはお茶と何も言ってなかったのに(言ってなかったから?)持ち寄ってくださったたくさんのお菓子やおにぎりを食べながらもう一人加わってギター談義や近況報告に花を咲かせました。

生徒さんが持参された手描きのかわいいチラシ。このページをご覧になった方も同じ価格でエアコンクリーニングをしてくださるそうです。
メールは有)リョーエイ info@ryo-ei.comまで
まで

すたじおGのレッスン風景

​バレエの足のポジションが…とか

走るときに地面を蹴るように右指を振り抜けばいいですね…とか

ご自宅まで出張レッスンに伺っている生徒さん、はじめてご家族がリビングで聞かれていい緊張感が…とか

譜面台のありがたみを実感したり

インドには色んなカレーがある…とか

アポヤンドはアルアイレの一種!?…とか

楽譜の見た目に惑わされない…とか

響きを残していれば慌てずに移動できる…とか

一見アルペジオだけど複数声部の曲だった…とか

息を吸いながら音を出す…とか

弦を押し潰さないくらいの力加減で押さえる…とか

ラミレスのAMスタンプってアントニオマリンじゃなかったf(^_^;…とか

下降スラーは次の音を準備しておく…とか

パワーではなくスピードで音を出す…とか

そんな話をしながら2017年のすたじおGのレッスンも始まっていってます!

音楽的時間

色んな分野の芸術の中で「音楽」は時間芸術だと言われます。時間に関係する言葉が色々あります。

(時間の写真というのはなかなか無いのでiPhoneのアルバムの中から甘そうな物を選んで載せます。話の内容と写真はほぼ無関係です。まず1枚目は年明け早々に大学時代の先輩、友人と集まるきっかけになった16区のシュトレン)

音楽の三要素は「リズム、メロディー、ハーモニー」と言われますが、リズムの要素が最もプリミティブで時間に深く関係してますね。

(生徒さんが作って持って来てくださったぼたもち。蜂蜜なんかも入っていたそうです)

「リズム」は幾つかの音が連続して聞こえてきたとき(音一個ではリズムは生まれません。2つでもちょっと難しいかなあ)のそれぞれの音の長さの比のパターン、と言えると思います。西洋音楽では楽譜の音符で「だいたい」表せます。

(お雛様の季節の長崎名物の桃カステラby松翁軒)

音符の種類というのは全音符を半分にしたものが二分音符、さらに半分(つまり4分の1)にしたものが四分音符、さらに半分(8分の1)にしたものが八分音符…というふうに半分半分に刻んでいってできています(他にもその音符の半分の長さ延長する「付点音符」や奇数に分割する「連符」もありますが)。
「リズムを刻む」という表現もありますね。

(昨年末の聖劇のお土産にいただいた東屋のあんパン)

そうやって作られた音符の組み合わせで記譜されたリズムを歌ったり、楽器を使って音にしようとしたとき、各音符の長さを決めるには基準が必要になってきます。「ここではさっきの音符よりちょっと長い」「ちょっと短い」などでは困りますよね。

(昨年のクリスマスにこの本と同じ方から送っていただいたパネットーネ。この写真ではわからないと思いますが人間の頭と同じくらいの大きさです!リハにすたじおGに来たかっちゃんも「懐かしい」とイタリア留学時代を思い出しながら一緒ににいただきました)

その曲の「テンポ」が定まってないと音符の長さは決定できないのでリズムも決まりません。テンポを決めるにはもう一つ抑えておかないといけない大切な、でも無頓着になりがちな要素があります。

 (4/24に「優雅なギターデュオ」を行う貴賓館の1Fにあるレストラン、ジャックモノーのガトーショコラ) 
長くなってきたのでまた次回。