MC文字起こし4

今日この楽器を使わせてもらっているわけは、2月の14日に下関市でバレンタインコンサートをする予定だったんですけど、福岡県の人間は弾いちゃいけないという事だったので、残念ながら演奏できなくて、その時にこの楽器をお借りしていくことになっていたんですね。 今日お返ししないといけませんが。
なのでバレンタインコンサートで弾く予定だった曲をこれから3曲演奏したいと思います。

なんとなくフランスのシャンソンと言うと愛の歌というイメージがあるので、ローラン・ディアンスというフランスのギタリストがアレンジしたシャンソンの曲集が2冊出てます。その中から3つ選んでみました。選んだ後に気づいたんですけど、どれもあまり幸せな歌じゃなかったんです。 まず最初はシャンソンと言えばこの曲かな、という気がするんですが、エディット・ピアフが歌った「愛の賛歌」。エディット・ピアフの恋人が飛行機事故で亡くなった時に書いた歌なんですよね。 では「愛の賛歌」お聞きください。

MC文字起こし3

では、次の曲は最近頑張って毎月曲編曲しているシリーズなんですけど、今井美樹の「瞳がほほえむから」という歌をアレンジしてみました。
なんでこれを選んだかと言うと、歌詞の中に「一面に咲いた菜の花の色」という春っぽい歌詞が出てくるのと、日曜日の12時か12時半から今井美樹のラジオの番組があって、日曜日、本番とかレッスンがない時は大体ラジオを聴いているんですけど、先月、山下達郎のサンデーソングブックの中で出てきた牛の話を聞いて「牛を見張れの主題による変奏曲」を3曲弾いたんですけど、それに引っ掛けたというのもあって。ラジオの番組という意味では時間を遡って今井美樹の曲を。
そしてもう一つは、 名古屋の中部国際空港に向かう特急か急行の電車があるらしいんですけど、その車内アナウンスで空港に近づくとこのメロディーが流れる、という話を聞いたので弾いてみようかなと思いました。
例によって凝りまくったアレンジにしてしまったので自分で弾いてて「ああ、ああ」ってなりかねませんが、弾いてみたいと思います。 作曲は上田知華さんと言う人で、歌ったのが今井美樹です。

ハプニングなランチタイムコンサート

 

ぞろ目な2/22(月)、2月のランチタムコンサート、無事に、とは言えないまでも終了しました。

今回から会場を紫音館に替えたランチタムコンサート、先日の縁側発表会では問題はなかったと思われるwi-Fiのスピードが遅くて映像が止まったりしてしまいました。これからツイキャスプレミアムチケットを買ってくださる方は¥1000にします。
https://twitcasting.tv/f:2983573635039957/shopcart/53319

すでに買ってくださってる方には差額を返金ということでご勘弁ください。
次回は有線LANにします。

もう一つのハプニングは中野義久さんとデュオをしていたとき….
真相を知りたい方はツイキャスを見てください^^

 

 

ランチタイムコンサート21−2

写真は昨日(2/20)に行ったすたじおG縁側発表会@紫音館の一コマ。

そして明日はランチタイムコンサートです。こちらからツイキャスで2週間お聞きいただけますのでぜひ!¥1600+¥100です。

https://twitcasting.tv/f:2983573635039957/shopcart/53319

演奏予定曲目は

橋口武史ソロ
幻想曲 Op.4(F.ソル)使用楽器:プチジャン1830(所有:紫音館)
早春賦(中田章/武満徹)以下、使用楽器:ホセ・ルイス・ロマニロス 2003(所有:伊藤さん)
瞳がほほえむから(上田知華)
愛の讃歌(M.モノー)、懐かしき恋人たちのシャンソン(G.ジュアネスト)、いつの日か(ムルージ、以上三曲アレンジはR.ディアンス)
中野義久+橋口武史デュオ
小組曲(C.ドビュッシー)

です。

トリプルホール

明日(2021/02/14)開催予定だったバレンタインコンサートで使わせてもらう為に預かっている楽器がトリプルホールで、慣れてないのでかなり手こずりながら弦を交換しました。

取り敢えず、最近のリファレンス、ラベラのミディアムハードにしましたが、ちょっとテンションが高すぎるかも。

もっとボヨンとなって欲しいかなあ。その楽器とは….

バレンタインコンサートは開催ホールの方針の為に延期になりましたが、せっかくなので2/22(月)12:15からのランチタイムコンサートで使わせていただきます。
こちらで視聴いただけます。(リアルタイムで聴けなくても3/8まで聴けます)
ぜひ聞いてください!
https://twitcasting.tv/f:2983573635039957/shopcart/53319