流行ると嫌になる
天邪鬼な性格のギタリスト橋口武史。
判官贔屓な面もあります。
人と一緒なのが嫌なだけ
でもあります。
珍しいものが好き、という事も。

ということで
現在所有しているガジェットを重ねてみました。
20121108-223704

20121108-232421
下から
Windowsは嫌という事で使っていたApple社のMacintosh、
今のところ私にとって最後MacBook 1.83GHz。
13インチなので大きいです。

その上
薄くて目立ちませんが
Mac OSを捨てて(もともとインストールされていたWindowsなんかモチロンきれいサッパリ削除。せっかくのFelicaポートは使えなくなりましたが)Linux Ubuntuに乗り換えたSonyのVAIO VGN-TX90PS。
薄くて軽くて画面が高精細できれいなメインマシンです。
と言っても楽譜を書く事と経理の作業くらいにしか使いません。

その上が
興味本位で去年の今頃必死になって10.6をインストールした
Asus EeePC 1000HE。
AppleじゃないMac。

その上が今回の話題のMotorola Xoom。
タブレットと言えばiPadか否か
という感じですが
天邪鬼にAndroidマシン。

その上はiPhone 4S。

20121108-223715

Xoom、こんな感じでWebビューワーとしても優秀ですが
20121108-223726

今回狙っていたのはこんな使い方。
20121108-223735

先月号の某ギター専門誌にiPadを使った楽譜ビューワーの記事があったので
天邪鬼精神を発揮して
ここは一つAndroidで実現出来ないかと
一両日くらい調べ上げた結果
見つけたアプリが
MobileSheets

PDF楽譜を読めます。
しかも
Air turn (本家はこちら)
というBlue tooth接続のペダルで譜めくりができます。

試しに
主よ人の望みの喜びよ
をPDF化して読み込んでみました。
10.1インチのXoomの画面ですが
しっかり読めそうです。

シャンソンの膨大な量の楽譜を
PDFでスキャンして
SDカードにいれておけば
セットリストをすぐ作って対応出来るのではないか
と期待しています。

“タブレット 楽譜管理 続き” への 6 件のフィードバック

  1. ルルドのおばば より:

    風に楽譜を飛ばされなくて済みそうですね~。
    おばばは、歌ったらそのまま楽譜になる夢のような
    口述筆記マシンが欲しいです。(笑)
    もしくは、即興で歌っても、ちゃんと伴奏してくれるアンドロイド・ギタリスト。
    (笑)
    でも、コード進行を決めておいて、その枠にはめて歌えば、
    出来ないこともないんですけどね~。

  2. 橋口武史 より:

    タブレットごと飛ばされたら目も当てられませんけどね^^;

    鼻歌程度でも音符にしてくれるソフトはあったような気がしますよ。
    パソコンだとSinger song writerというソフトで実現できそうです。
    http://www.ssw.co.jp/dtm/hanauta/singtoscore_micsettei.htm

    調べてませんが、iPhoneアプリにも有りそうですよね。どうやってデータを出力するのかは不明ですが。midiかなあ。

    アンドロイドギタリストは….
    キーだけ決めて「お互い即興」ということで納得してもらって生身の人間の方が良いような気がします。

  3. ルルドのおばば より:

    おっしゃる通りです~。
    生身のギタリストが最高なんです~。
    でも、今のところ、出会えないんです。
    たとえいたとしても・・・諸般の事情で頼むのが難しいんです。
    あ・・・ギタリスト(タ)とバラオーラ(ル)とカンタオール(ラ)が、
    フツーに自然に一緒にいられる環境を作るのって
    日本では無理なのかしらねえ。
    おばばの夢はまだまだ遠くの未来だわ~。

  4. 橋口武史 より:

    おばばさまが自分で歌って踊って弾くというのは?
    フラメンコの弾き語りって見たことないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

« »