ラジオの音質

DSC_0287

二週間経ってしまいましたが、先日のラジオ放送を聞いてくださった皆さん、ありがとうございました。

7/26、19:00、教室のカロッツェリアDEH-P710(ほんとはカーコンポ)に繋いだDENON SC-T33SG(スピーカー)から流れて来たギターとフルートの音色にかなりの違和感。

すぐさま、録音を担当してくれた馬場さんに音源を送ってもらったら、会場で確認したのと同じで、ラジオでは音質がかなり変わってしまうんだな、と思いました。

昨日、FM福岡から音源が送られて来て、聞いてみたところ、馬場さんの音源と同じ印象でした。

ということは、編集してデータの音質を変更したわけではなく、電波に乗せる最後の段階でコンプとリミッターを自動的にかけて送出しているのではないかという結論に至りました。

生で聞いていただけるに越したことはないですが、こんなご時世ですから….

 

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください