音楽の花束

2015/2/11
あいれふホールで行われた福岡室内楽協会の定期コンサートが終了しました。

(null)

男性の方が圧倒的に少ない福岡室内楽協会。
男性控室のルームメイト?は急遽ピンチヒッターで抜擢され、久々に再会したチェロの田元真木さん

(null)


東京からわざわざ来て下さった作曲家の河内(こうち)琢夫さん。

(null)

作品を公募して集まった作品を演奏するという室内楽協会初の試みでした。
作曲家の方とお話する機会はなかなか無いので色々お話させてもらって楽しかったです。
新しいギター曲誕生!となるか⁈

(null)

肝心のF.レザ パネ作曲の「織りなす魔法の踊り」は、アクションが入れ替えられていて普段通りではないスタインウェイをピアノの安浪由紀子さんがギリギリまで音を小さくコントロールして下さったおかげで、ほぼ満席のあいれふホールのステージ上で音を出した感触ではギターとのバランスもそんなに悪くなかったのではないか、と思っています。
録音を聴いたら反省モードに入るかもしれませんが。

アンコールはメンバーで星の界を

(null)

秘密の通路から見える風景。

(null)

記念写真的なものをなかなか撮らないので拝借した写真で。
今回はご一緒しませんでしたが、室内楽協会のメンバー中で1番共演させてもらっているフルートの深見さん、アンコールの出だしで初めて共演したソプラノの佐伯さん、レザパネを一緒に弾いて下さった時は紅い衣装だったピアノの安浪さん。

フルート 深見洋公さん、ソプラノ 佐伯洋子さん、ピアノ 安浪由紀子さん
フルート 深見洋子さん、ソプラノ 佐伯洋子さん、ピアノ 安浪由紀子さん

聞きに来て下さったみなさん、共演して下さった安浪さん、事務局の白水雅代さんをはじめ、室内楽協会のメンバーのみなさん、コンサートのお手伝いをして下さったみなさん、ありがとうございました。

#5

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください