門司港レトロ三井倶楽部

#44

20120730-095736.jpg

7/29 朝日カルチャーセンター北九州 シャンソン教室の夏のコンサート
今回は門司港レトロ地区旧門司港三井倶楽部が会場でした。

20120730-100047.jpg

歴史のあるこの建物は重要文化財なんですね。

20120730-100205.jpg

一階のこの広間が会場でした。

20120730-100252.jpg

写っている女性は音響を担当して頂いたケイトミュージックさん。

置いてあるピアノはなんとスタインウェイ!

20120730-100835.jpg

個性豊かな生徒の皆さんの唄の数々、伴奏の秦久恵さんのピアノソロ、私のギターソロ、ゲストで鳥栖から駆けつけた梁井かおるさんの熱唱、講師の関雅子先生の貫禄のステージ。

終わったら控室として使わせてもらっていた部屋で打ち上げ。
窓からは門司港ホテルが見えます。

20120730-101654.jpg

コース料理でお腹いっぱい。

20120730-101749.jpg

港町らしく海の幸が中心。コースだから他にもありましたが、撮ってません^^;

20120730-101810.jpg

締めのご飯は門司港名物の焼きカレー

20120730-102003.jpg

デザートはこれまた門司港名物のバナナを使ったゼリーでした。

旧門司港三井倶楽部の正面にある夕暮門司港駅。

20120730-102752.jpg

20120730-103234.jpg

ビートを停めた海峡ドラマシップの先の駐車場まで
海岸沿いに歩いていると夕焼けがキレイ。

20120730-103548.jpg

関門大橋が見えます。

20120730-103603.jpg

20120730-104123.jpg

20120730-104402.jpg

20120730-104416.jpg

20120730-104433.jpg

20120730-104513.jpg

20120730-104601.jpg

20120730-104711.jpg

20120730-104723.jpg

20120730-104739.jpg

20120730-104746.jpg

20120730-104753.jpg

20120730-104803.jpg

20120730-104815.jpg

20120730-105919.jpg

一人暮らししていた頃の箱崎埠頭を懐かしく思い出してました。

写真を撮るためにこんなに暗くなるまで門司港に居たわけではなく
帰り道はオープンにして
都市高速千鳥橋JCTを直進して百地回りで走ってみました。

堤ICは内回りも外回りも時間的にはあまり変わらないようです。

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

「門司港レトロ三井倶楽部」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください