すたじおG ランチタイムコンサート

橋口武史のすたじおGランチタイムコンサート。弾き比べも有り。動画付きです!

 5月25日(月) 12:15-12:45

橋口武史のソロ中心です。

中野義久氏とのデュオもあります。

演奏予定曲目(予告なしに変更の場合があります。)

メルツ 無言歌

タランテラ

愛の歌

愛の挨拶

亜麻色の髪の乙女

 

紫音館でランチタイムコンサート動画をアップしてくださっています。

音色の違いやギターの特徴をお楽しみください。

 

ランチタイムコンサートで名器のプロによる弾き比べが行われることがあります。

お聴き逃しなく!!

 

 

ホセ・ラミレス&今井勇一 弾き比べ

 Guitar Rhapsody Japan / Shingo Fujii Played by Yoshihisa Nakano(中野 義久) Takeshi Hashiguchi(橋口 武史) Guitar 61 Herman Hauser Ⅱ(ヘルマン・ハウザーⅡ) 95 Masanobu Matsumura(松村 雅亘)    アクセスはこちら
 
ご予約なしでのご来場もOKです。

※4枚綴り¥5,000の回数券有 



このページトップのカートでのお申し込みの他、
フェイスブックコメントやメッセンジャーでも承ります。
曲や演奏するギターのリクエストを
早めに伺えますとできる範囲で承ります。
すたじおG,紫音館の在庫、または、お借りできるギターに限ります。


曲や演奏楽器の解説付きです。

小さな空間での生の音色をお楽しみください。

皆様のご来場、お待ちしております!

 

 

新世界より◎ 山下和仁(ギターソロ)

新世界より◎ 山下和仁(ギターソロ)

山下和仁(ギター)

1987年6月16-17日、つくばノバホールで録音

レーベル:brinrinri
品番:KYBR-1801
定価:2700円(税抜価格)
発売:2018年1月17日

収録曲目
//////////////////////////
ドヴォルザーク作曲  山下和仁編曲
交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』
Dvořák: Symphony No. 9 in E minor, “From the New World”, Op. 95
arranged for guitar solo by Kazuhito Yamashita

第1楽章 アダージョ―アレグロ・モルト
1. Adagio – Allegro molto

第2楽章 ラルゴ
2. Largo

第3楽章 スケルツォ(モルトヴィヴァーチェ)
3. Scherzo: Molto vivace

第4楽章 アレグロ・コン・フォーコ
4. Allegro con fuoco
//////////////////////////

生きながらにして伝説になったと言われる山下和仁。この「新世界より」全曲ギターソロ版は、かつて、かのウィーンムジークフェライン大ホールを超満員にするなど世界各地で熱狂的に迎えられたもの。1987年に国内外で発売された超ヒット作が、この度リマスターされ再発売されたことは誠によろこばしい。現在までに83点のアルバムを発表した山下は、近年はバッハ公演で知られ、2017年にはサンクトペテルブルグ・フィルハルモニア大ホールで歴史的コンサートを行なった。80年代90年代に世界を駆けめぐった「展覧会の絵」「新世界より」「シェヘラザード」「火の鳥」は、彼の原点となったとも言われる。本CDは、1987年に録音され国内外で発売されたLPおよびCD「新世界より」の2017年リマスター盤です。ブックレットや曲目解説は添付されていません。画像はイメージです。

ソル・幻想曲集 ◎ 山下和仁(ギター) 新譜/リマスターCD

ソル・幻想曲集 2019年12月3日発売

山下和仁 ギターCD ソル・幻想曲集
山下和仁 ギターCD ソル・幻想曲集

幻想曲 Op.7
幻想曲 Op.10
悲歌風幻想曲 Op.59
幻想曲 Op.30
幻想曲「別れ」Op.21
幻想曲 Op.4
1989年録音(2019年12月発売) CD(brinrinri:[KYBR-1903] )

<アルバム紹介文>
鮮烈な衝撃も新たに、1987年録音の伝説的名盤が30余年の時を経て蘇る!
1987年6月、現在も語り継がれる伝説的レコーディングによって音盤に刻まれた「ソル・幻想曲集」が、デジタル・リマスターを施されて待望の復活を遂げた。ソルが華麗なテクニックの極みと作曲技法の粋を凝らした屈指の演奏会用作品「幻想曲」の数々が、若き山下和仁の手により一際強い輝きを放ち、息吹が聴こえるほどに躍動する様は、30余年を経てなお、鮮烈な衝撃をもって迎えられるであろう。この歴史的名盤にぜひ耳を傾けて頂きたい。    月刊「現代ギター」編集長 渡邊弘文

 

〜その他の山下和仁 ソルのCD〜

●ソル・ギター曲集
「粋な軽騎兵」による変奏曲 Op.27
ディベルティメント Op.2よりアンダンティーノ
エチュードイ長調 Op.6-12 アンダンテ
エチュード 変ロ長調 Op.29-13 アンダンテレント
エチュード ニ長調 Op.29-20 モデラート
エチュード ホ短調 Op.29-18 アンダンテ
エチュードイ長調 Op.35-20 テンポ・ディ・メヌエット
エチュードロ短調 Op.35-22 アレグレット“月光”
エチュードホ長調 Op.31-23 敬虔な祈りのように
「マルボローは戦争に行く」による変奏曲Op.28
静けさ Op.50

2009年録音(2011年1月12日発売)CD (KYBR-1010)

●ソル・エチュード選集1:30のエチュード
12の練習曲 Op. 6 より No.1,2,4,5,6,7,11
12の練習曲 Op. 29より  No. 14,15,16,21,23,24
24の漸進的なレッスン Op. 31 より No.12,13,15,18,19,22,24
24の非常にやさしい課題曲 Op. 35 より No.2,4,5,6,12,16,17,18,19,24
2009年録音(2017年10月発売) CD (brinrinri:[KYBR-1703])

山下和仁 CD エチュード選集4 : 31のエチュード Op.6,29,31,35より
エチュード選集4 : 31のエチュード Op.6,29,31,35より
山下和仁 CD エチュード選集4 : 31のエチュード Op.6,29,31,35より

●ソル・エチュード選集2:24の漸進的な小品 Op. 44
2009年録音(2017年10月発売) CD (brinrinri:[KYBR-1704])

山下和仁CD ソル・エチュード選集2:24の漸進的な小品 Op. 44
山下和仁CD ソル・エチュード選集2:24の漸進的な小品 Op. 44

●ソル・エチュード選集3:ギター練習への入門 Op.60

2009年録音(2017年10月発売) CD (brinrinri:[KYBR-1705])

山下和仁CD ソル・エチュード選集3:ギター練習への入門 Op.60
ソル・エチュード選集3:ギター練習への入門 Op.60

●エチュード選集4 : 31のエチュード Op.6,29,31,35より

CD (brinrinri:[KYBR-1902] )

山下和仁ギター ソル31のエチュード
ソルエチュード選集4
31のエチュード
Op.6,29,31,35より

 

●3つの社交界の小品Op.33、6つのディヴェルティメント第1集第2集Op.1&2

CD (brinrinri:[KYBR-1901] )

山下和仁 ソル 3つの社交界の小品 Op.33 ほか
山下和仁 ソル 3つの社交界の小品 Op.33 ほか

<アーチスト紹介>
1961年長崎市に生まれ、父、山下亨に8歳よりギターを学ぶ。また作曲家の小船幸次郎に師事。15歳で全国コンクール(現:東京国際ギターコンクール)優勝のあと、1977年、16歳でラミレス、アレッサンドリア国際、パリの世界三大国際ギターコンクールに、いずれも史上最年少優勝という快挙を成し遂げた。LP.,CD合わせてこれまでに85枚のアルバムを発表。1980年発表の自身の編曲による〈展覧会の絵〉が大反響を得る。以後〈火の鳥〉〈シェエラザート〉〈新世界より〉などオーケストラ用大曲をギター用に次々アレンジ、さらに「バッハ:無伴奏ヴァイオリン、チェロ、フルート、リュート組曲BWV995-1013(5CDs)」を全て編曲。かたわら「F.ソル:ギター曲全集(16CDs)」「H.ヴィラロボス:12の練習曲と5つのエチュード」「M.カステルヌオーヴォ=テデスコ:ゴヤによる24のカプリチョス」など、ギター本来のレパートリーも名演の誉れ高く、広大なレパートリーを有する。ウィーン・ムジークフェライン大ホール、ロシア・サンクトペテルブルグフィルハーモニー大ホール、イタリア・テアトロオリンピコ、テアトロ・レッジョ、ニューヨーク・リンカーンセンター、シカゴ・オーケストラホール、など世界各地でソロリサイタル。また世界各地で行われるジャンルの混交した大規模フェスティバルにも、クラシックの雄として、たびたび招待されている。L.スラトキン、R.フリューベック・デ・ブルゴスなど世界的指揮者やオーケストラとも数々共演。また、ジャズ・ギタリストのラリー・コリエル、フルートのJ.ゴールウェイ、コントラバスのゲリー・カー、ヴァイオリンの竹澤恭子、東京クヮルテットなどと共演。2004年に自身の子供たちと「山下和仁ファミリーカルテット・クインテット」を結成、長女(紅弓)、次女(愛陽)とのギターデュオでも世界各地で公演。国内外の作曲家、特にアジアの作曲家たちの新作委嘱初演にも意欲的で、山下和仁のために書かれた作品は60曲を越えている。CD『黎明期の日本ギター曲集』で平成11年度文化庁芸術祭大賞を受賞。

CD 橋口武史によるランチコンサート ライブ録音

すたじおG ランチタイムコンサート Vol.2
ライブレコーディング
Guitar : Takeshi Hashiguchi

1.幻想曲「小川の岸辺」の主題による序奏と変奏 Op.40(F.ソル)
2.ソナタOp.15(F.ソル)
3.エチュード Op.35-9(F.ソル)

2017年7月17日12:15-12:45に演奏された曲の一部のライブ録音です。
CD-Rに焼いてあります。

エンデチャとオレムス

小さな彼女がステージに現れた時、静まりかえった会場の緊張と期待。研ぎ澄まされた音、音の粒、他の誰にも似ていない音楽。多分、それは、あなたの心が、震える時、、、、、世界的ギタリスト山下和仁の長女、紅弓(こゆみ)による待望の初ソロアルバム。2003年、東京・浜離宮朝日ホールにて山下和仁とのデュオでデビュー(当時小学生)、それ以来、欧米アジア各地をかけめぐってきた彼女も現在、熊本大学理学部卒業後、九州大学大学院理学府在学中。専攻は地学。
学業の傍ら、リサイタルほか幅広い演奏活動を行っている。2016年は、福岡市にてソロリサイタル(昼夜2回公演)のほか、山下和仁とイタリアツアー。韓国、対馬、奈良・春日大社でも公演。このCD録音の直前には、自らの企画で熊本大学医学部アンサンブル部と、熊本地震のためのチャリティー演奏会も開催。熊本地震で被災した際は、ギターだけを片手に家族と友人に救出されたそうだ。ヘンデル2曲やバッハ3曲のほか、数々のギターオリジナル名曲、さらには中野二郎の作品まで、幅広く選曲された長時間アルバム。

収録曲目(total 73分37秒)

プレリュードBWV999 ( J.S.バッハ)

エンデチャとオレムス(挽歌と祈り)(F.タレガ)

「小川の岸辺」による幻想曲 Op.40 (F.ソル)

月光 (F.ソル)

シャコンヌ 〜 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004より (J.S.バッハ)

ノルティーニャ ( J.ゴメス・クレスポ)

フランシスコ・ゴヤ・イ・ルシエンテス、画家 〜 ゴヤによる24のカプリチョスより (M.カステルヌォーヴォ=テデスコ)

仕方がなかった 〜 ゴヤによる24のカプリチョスより (M.カステルヌォーヴォ=テデスコ)

静に揺らぐ月影(中野二郎)

ブーレ 〜 無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より (J.S.バッハ)

プレリュード 〜 コンポステラ組曲より (F. モンプー)

サラバンド (G.F.ヘンデル/山下和仁編)

エイルスフォードのサラバンド (G.F.ヘンデル/山下和仁編)

カベソンの主題による変奏曲 (M.M.ポンセ)

山下紅弓(こゆみ)KOYUMI YAMASHITA
2003年、東京・浜離宮朝日ホールにて父・山下和仁とのデュオでデビュー。2004年のローマ国際ギターフェスティバル以来、家族とともにデュオ、カルテット、クインテットなどで、イタリア各地をはじめ、スペインのコルドバフェスティバル、ポルトガル、チェコ、ハンガリー、アイルランド、アメリカ、韓国、日本、シンガポール、ヴェトナム等各地で公演したほか、3点のCDアルバムに発表。2010年、名古屋にてソロデビュー。現在、熊本大学理学部在学中。専攻は地学。熊本ギターの会特別会員。熊本を中心にリサイタルほか幅広い演奏活動を行っている。2016年は、福岡市にてソロリサイタル(昼夜2回公演)。山下和仁とイタリアツアー。韓国、対馬、奈良・春日大社でも公演。自らの企画で熊本大学医学部アンサンブルと、熊本地震のためのチャリティー演奏会も開催。