20130624-081315.jpg

昨日の朝日カルチャー北九州でピアニストの古城さんから
お茶が余ってるからもらって下さいませんか?
と渡されたビニール袋に一緒に入っていたチョコレート。
こういうさりげない心遣いをして下さる方です。

で、何気無く裏の成分表を見たらやっぱり書いてありました。

20130624-082224.jpg

シェラック(光沢剤)

ギターの塗装に使われるものと同じです。

小倉のあと7/7の練習にお邪魔した
バイオリンの加来洋子さんから頂いたベルギーのワッフル(カリカリのタイプ)。

20130624-092047.jpg

これまた、ギターの表面板(の裏側)を連想してしまいますねぇ。
新しいタイプのギターで見られるアイデアで、力木を格子状に組んで、鳴りの良さを求めて薄く作った表面板を補強してます。ラティスバーとかワッフルバーと呼ばれてます。

ジャーマンスプルースを食べてるということになりますね

と笑いながらパリパリといただきました。

お菓子とギターの不思議な関係⁈

この記事を書いた人

ギタリスト 橋口 武史
長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA