2016.5.4

学生時代に2年生まで在籍させてもらったサークル、九州大学ギターアンサンブル(QGE)の45周年記念コンサートで演奏させていただきました。

前半は現役の学生さんたちの演奏。


後半は同じサークル出身のプロギタリスト、という事で近藤史明さんと私で。




コンサート会場となった福岡市中央市民センターは数年前にジャズピアニストの岩崎大輔さん主催のコンサートで演奏したことがありましたが、照明の関係で反響板を使わず、他の楽器もマイクの使用が前提でした。その際の印象しかなく500席というキャパを鑑みて用心してOB会新幹事の有江さん、共演者の近藤さんとメールでの打ち合わせの段階でマイクを使わせていただくことにしていました。

コンサート前半の現役のみなさんの演奏を客席で聞かせてもらって「これはマイクに使っている場合ではない!」と近藤さんと意見も一致し、幹事の有江さんに伝えて急遽マイクの使用は中止しました。それだけ現役の皆さんの演奏が、準備期間は短かったと想像しますが、しっかりと客席まで届いていたということです。

コンサート後の祝賀会では安藤会長はじめ諸先輩がたの衰えぬ情熱に満ちたお話やギター演奏を聴かせて頂いてQGEの歴史の重みというものを再確認できました。


また、同期の友人と10数年ぶりに会えて近況報告ができたことも嬉しい出来事でした。40代という忙しい年代ではありますが、50周年の時はもっと集まれるように声をかけよう、と話して別れました。


コンサートの際に挟ませてもらったチラシの余りを受け取るのを忘れていたこともあって、2日後に伊都キャンパスまで行って練習を見学させてもらいました。基礎練もみっちり、ビバルディのラルゴも色々工夫をしながらしっかりと練習をしている様子が頼もしかったです。帰り際にアルハンブラの想い出の弾き方のアドバイスを求めて来た学生さんが居たのは嬉しかったです。唐津でのコンサートの帰りに寄ることにして何度か練習を見に行く事が出来た年がありましたが、最近は足が遠のいていましたので、またある程度定期的に顔を出せるようにしたいと思っています。

今回のコンサート、記念祝典の開催にご尽力くださったみなさん、本当にありがとうございました。

この記事を書いた人

ギタリスト 橋口 武史
長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA