レッスン用ギターについて

初めてギターを習われる方へ

レッスン用の楽器は教室にありますのでお持ち頂かなくて大丈夫ですが、家で練習するためのギターが必要になります。
家にある古いギターがある場合は、一度それをお持ちください。状態にもよりますが、弦を替えるだけで使える場合もあります。

どのくらい続けられるかわからないので、最初からの購入は不安と言われる方もよくいらっしゃいます。
ご希望の方には楽器貸し出し(月/1000円)の制度もあります。(子ども用の貸し出し楽器も取り揃えております。)
最初の数ヶ月は、貸し出し楽器にてどのくらい続けられるかご自分のペースを確かめてからご購入されるのも良いと思います。

ギターの価格

あらゆる商品やピアノやバイオリンなどの楽器と同じようにギターも様々な価格帯があり、数千円から一千万円を超える文化遺産としての価値が高い楽器まであります。

すたじおGでは、初めての一本として65,000円の国産の楽器(小平ギター)をお勧めしています。
ご予算によっては、50,000円(子ども用45000円、いずれもギグケース付き)の中国製(マルチネスギター)の楽器も常備しております。

この価格帯より安くなりますと材料の質が全体的にどうしても低くなりますので、6本で約40kgにもなる弦の張力でネック(左指で弦を押さえる竿)が反ったり曲がったりする可能性が高くなります。または、反り・曲がりを防ぐためにネックを太く作った結果、弦を押さえ難くなり、本来なら楽しいはずの楽器の演奏が苦痛になることさえあります。

これまでの経験から、6万円以上の価格帯の楽器は正しく使用している限りネックが反ることは殆どなく、安心してレッスンを続けていただけると考えています。

ただ、近年の環境破壊により国内外の良質の木材が高騰しております。加えて国内で手工にできるだけ近い形で値上げを抑えてギリギリのコストで製造していますから、いつ値上げになるかわからないということと、いつも潤沢に商品があるわけではないので、お待ち頂く可能性があります。

他に保管、保護、運搬のために必要なケース(約2万円~)、体に無理がない姿勢をとるための足台(またはそれに代わるもの)、チューナー、教則本、譜面台など、合わせて日本製のギターをご購入の場合8万円〜9万円で、レッスンに必要なものは揃います。詳しくはクラシックギター初心者が用意しておきたいものをご覧ください。

6万円以上の価格帯としては、ほぼ5万円おきに各種商品がございます。

いずれも材料の質によって価格が決定されています。

ある価格帯以下の楽器(量産品とも呼ばれます)はコストの関係上分業による製作ですが、「手工ギター」と呼ばれる一人のギター製作家が一本一本手作りで最初から最後までの行程を製作し、音色や形にその製作家の個性と味わいが出て来る楽器は、近年では最低でも35万円くらいからでないと製作できない状況です。

お気に入りの楽器を所有し、芸術品としての音色の違い、見た目の美しさを楽しむのもギター愛好家にはたまらない魅力のひとつです。
詳しくはクラシックギターのメーカーについてをご覧ください。

子ども用ギターもあります。

成長していく子どもの体格に合わせて無理なく演奏できるように各種サイズがあります。

マルチネスギター大人用と子ども用とあります。

マルチネスギター大人用と子ども用とあります。

クラシックギターオンラインショップでご紹介しています。