あわせ 合わせ

昨日は午後からハルモニーセレスト、チェンバリスト岩田耕作先生のお宅へ
5/13 箱崎水族館のコンサートの練習へ。

チェンバロ(の音色)って結構色んな場面で使われてるんです
っていうコンサートになる予定。

夕方から夜はレッスン。

今日はボーカルの松石さんと
6/2 唐人町商店街にあるココカラでのコンサートの合わせ。

ヘンデルの私を泣かせて下さい
がベビーローテーション。

松石さんが

参考に

と教えてくれたこの演奏がお気に入り。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=RcP83h9AQmc&w=560&h=315]

昼から夜はレッスンの合間に
以前コントラバスの深沢さんと演奏した楽譜からアレンジし直し。

ここ最近は楽譜の作成はMuse scoreを使っていて
久しぶりにFinaleで入力したら
使い方を思い出すのに時間がかかりました。

Finale 2006がMac OS 10.6 snow leopardでmusicXML形式をエクスポート出来れば済む話なんですけどね。
そのためだけにFinaleの簡易バージョンPrint music2011でも買おうか、と思ったり。
Sibeliusも6からやっとmusicXMLが吐けるようになった模様。

その二大勢力、フィナーレとシベリウスが日本では同じ会社から販売されているってどういう事?

夜は黒

20120414-002859.jpg

七夕にはとても楽しみな共演者とのコンサートが決定!
詳細は追ってお知らせします。

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください