第104回定期演奏会

合奏でフォーレのパヴァーヌ、クインテットでブラームス、再び合奏で未完成と剣の舞で参加しました。

前日の定員300人の室内楽専用のあいれふホールとは違って、定員1000人級の長崎市民会館文化ホール。

五重奏でも合奏でも相手の音が聞こえにくく、どれだけ出せばいいのかコントロールが難しい。合わせるポイントの音も聞こえてこなかったり。

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください