和仁さんは偉大だ!

img_0986.jpg

「和仁さん」なんて気安く呼んでますが、僕の偉大な先輩、山下和仁氏です。どうして唐突にそんなこと言い出したか、それはThe Blue Guitar(クラウンCRCC-33)というCDを聴いているからです。やっぱり凄いです。現代物に対する切り込みの鋭さ、ギターだからという言いわけを感じさせない演奏は、非ギタリストによる作品の演奏で際立ってきます。こんな凄い人とほぼ毎週お会いできていたなんて、今考えるととてもぜいたくな少年時代を過ごしたものです。
それにしてもThe Blue GuitarというCDは僕の今後やってみたいことについてとてもヒントになります。

(写真は旧ブログから移設した際に付け加えたものです)

投稿者: ギタリスト 橋口 武史

長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください