5月20日
・5月12日、13日は対馬で、長崎県の主催によるコンサートとギター講座が開かれました。

これは、数年前から地域の方々による実行委員会が山下ファミリーを万葉集に出てくる大伴旅人の古代琴のワークショップやコンサートに招聘していたプロジェクトの延長ですが、琴だけでなくクラシックギターにより力を入れて地域の方々により身近に接してもらおうと今年度から新たに始まった取り組みです。

橋口武史による演奏やギター講座は好評で、年間8回、対馬の方々とギター音楽を聴いたり弾いたりする中でクラシックギターにより親しんでもらいたいと思っています。

開講式にはイタリア帰りの山下和仁さんも駆けつけてくださいまして、橋口武史のギター講座を見守り喜んでくださいました。
秋には福岡からも参加者を募り対馬ギター講座と合同のギター合宿を計画中です!

写真提供は実行委員会の一人であるSugawa Hideyukiさん。対馬における山下ファミリーのCDやポスターの写真はほとんどこの方の撮影によるものと言っても過言ではありません。
この度は、本当にありがとうございました。

他の実行委員会の皆様、県や市の職員の方々にも大変お世話になりました。引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

この古代琴のプロジェクトとクラシックギター講座を導いてくださった國分英俊先生は平成29年度第33回長崎県地域文化章受章式を前に平成30年4月25日ご逝去されました。ご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、これからも山下ファミリーと実行委員会とすたじおGをお導きくださいますようにと思います。