山下和仁・紅弓


5月27日
・2018年10月13日土19時から福岡市なみきホールにて行われます山下和仁バッハリサイタル 福岡シリーズVol.3の発売開始は6月1日です!

5月20日
・5月12日、13日は対馬で、長崎県の主催によるコンサートとギター講座が開かれました。
これは、数年前から地域の方々による実行委員会が山下ファミリーを万葉集に出てくる大伴旅人の古代琴のワークショップやコンサートに招聘していたプロジェクトの延長ですが、琴だけでなくクラシックギターにより力を入れて地域の方々により身近に接してもらおうと今年度から新たに始まった取り組みです。
橋口武史による演奏やギター講座は好評で、年間8回、対馬の方々とギター音楽を聴いたり弾いたりする中でクラシックギターにより親しんでもらいたいと思っています。
開講式にはイタリア帰りの山下和仁さんも駆けつけてくださいまして、橋口武史のギター講座を見守り喜んでくださいました。
秋には福岡からも参加者を募り対馬ギター講座と合同のギター合宿を計画中です!
写真提供は実行委員会の一人であるSugawa Hideyukiさん。対馬における山下ファミリーのCDやポスターの写真はほとんどこの方の撮影によるものと言っても過言ではありません。
この度は、本当にありがとうございました。
他の実行委員会の皆様、県や市の職員の方々にも大変お世話になりました。引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

この古代琴のプロジェクトとクラシックギター講座を導いてくださった國分英俊先生は平成29年度第33回長崎県地域文化章受章式を前に平成30年4月25日ご逝去されました。ご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、これからも山下ファミリーと実行委員会とすたじおGをお導きくださいますようにと思います。

 

 

・5/6の「詩から生まれた音楽 ギターと朗読の世界」で Tamaru Kousukeさんが撮ってくださった写真を添付いたします。
田丸さんは橋口武史のCDスタンドアローンのジャケットやライナーノーツを撮ってくださった方で、山下和仁さん、紅弓さんの福岡公演では現代ギター社さんのご依頼でいつもお世話になっています。(このコンサートの現代ギター誌への掲載予定にも関わらず、当ホームページへの写真掲載をご快諾いただきまして感謝いたします。全くアングルが違う写真を選ばせていただいています。是非、現代ギター誌をお買い求めの上ご覧ください。)

田丸さんには、お客様の邪魔にならないようリハーサルをいつも撮って頂くのですが、ある時本番を聴いてくださった時の感動を伝えてくださいました。リハの写真と本番の写真は臨場感がまるで違うと言われます。が、当然、本番のシャッター音は控えていただくため、どの掲載写真もリハーサルの時のみとなります。

・4月23日 山下和仁さん、イタリア・テアトロオリンピコにて大盛況の公演でした。
5月3日に帰国予定が好評につき追加で連泊公演となり大幅に帰国が遅れ、紅弓さんの誕生日でもあった5/6の「詩から生まれた音楽 ギターと朗読の世界」にこっそりもしかしたらご来場かも?というすたじおGの夢は呆気なく消え去りました。
しかし、和仁氏のご子息、波父君も手伝ってくれるなどたくさんの方々に支えられ4名のアーティストが生み出した素晴らしい時間を多くの方々と共有できました。心よりお礼申し上げます。
5月26日には東京にて山下和仁氏の「ゴヤの絵による24のカプリチョス全曲演奏会」を主催される現代ギター社にもフェイスブックのシェアをお願いするなどご協力いただき、現代ギター誌グラビアの為に撮影された写真の一部を分けて頂く予定です。関係者の方々のご協力に感謝いたします。

・4月18日 山下和仁さんイタリアで演奏ツアー中です。

・山下紅弓さん、すたじおGや唐人町ギター教室にてギターと朗読の世界の打ち合わせをされています。高杉稔さんもすたじおGにいらっしゃいました。当日はあいれふホールにて皆さまのお越しをお待ちいたしております。

・5月6日(日)
〜クラシックギターすたじおG 高宮移転1周年記念イベント 第1弾〜
詩から生まれた音楽  ギターと朗読の世界
〜M.カステルヌオーヴォ=テデスコ没後50年〜
出演  ギター 山下紅弓  朗読 高杉稔  ギター 松下隆二  ギター 橋口武史

・1月25日本日よりゴヤのチケット発売開始だそうです。香港など海外からも問い合わせが来ているそうです。

・山下紅弓さんと松下隆二さん、橋口武史のギターコンサートが5月6日14:00〜 あいれふホールにて開催されます!
詳細未定。追ってお知らせいたします。

・山下和仁CD1月17日発売開始!
新世界より◎ 山下和仁(ギターソロ)
収録曲目
//////////////////////////
ドヴォルザーク作曲  山下和仁編曲

交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』
Dvořák: Symphony No. 9 in E minor, “From the New World”, Op. 95
arranged for guitar solo by Kazuhito Yamashita

第1楽章 アダージョ―アレグロ・モルト
1. Adagio – Allegro molto

第2楽章 ラルゴ
2. Largo

第3楽章 スケルツォ(モルトヴィヴァーチェ)
3. Scherzo: Molto vivace

第4楽章 アレグロ・コン・フォーコ
4. Allegro con fuoco

生きながらにして伝説になったと言われる山下和仁。この「新世界より」全曲ギターソロ版は、かつて、かのウィーンムジークフェライン大ホールを超満員にするなど世界各地で熱狂的に迎えられたもの。1987年に国内外で発売された超ヒット作が、この度リマスターされ再発売されたことは誠によろこばしい。現在までに83点のアルバムを発表した山下は、近年はバッハ公演で知られ、2017年にはサンクトペテルブルグ・フィルハルモニア大ホールで歴史的コンサートを行なった。80年代90年代に世界を駆けめぐった「展覧会の絵」「新世界より」「シェヘラザード」「火の鳥」は、彼の原点となったとも言われる。本CDは、1987年に録音され国内外で発売されたLPおよびCD「新世界より」の2017年リマスター盤です。ブックレットや曲目解説は添付されていません。画像はイメージです。(クリックするとカートページへ飛びます。)

山下和仁(ギター)
1987年6月16-17日、つくばノバホールで録音

レーベル:brinrinri
品番:KYBR-1801
定価:2700円(税抜価格)
発売:2018年1月17日

・2018年5月、現代ギター社主催で山下和仁さんのコンサートが開催されます!

料金は未定で、一月下旬チケット発売開始だそうです。
GGスペシャルコンサート2018
山下和仁
『ゴヤの絵による24のカプリチョス』全曲演奏会(東京都千代田区九段南2-1-30)
開催日  5/26(土)
会場 イタリア文化会館アニェッリホール
開演時間予定 15:00
座席数 370席

現代ギター社の案内ページ

・2017年11月30日に行われました東京・紀尾井ホールでの「山下和仁ギターリサイタル・共演 山下紅弓」主催:現代ギター社は、大盛況のうちに終わりました。同じ日に山下和仁氏の父上にあたる山下亨氏(長崎ギター音楽院主宰)の長崎新聞文化章贈呈式(2017年11月29日)の3度目の記事が長崎新聞に取り上げられたそうで、山下和仁氏より写真をいただきましたので、添付いたします。
(クリックすると大きくして読むことができます。)

今回は2箇所載っていて、
# 第1面:3人の写真の方
# 第26面:祝賀会の写真の方ということです。

山下和仁氏より「皆様に感謝しています。」とのお言葉が添えられていましたので、ここにご紹介させていただきます。

・2017年11月17日 山下和仁さんは、ロシア、サンクトペテルブルグで演奏され、会場は熱狂に包まれました。
以下イベントのご案内の様子です。

http://www.philharmonia.spb.ru/en/afisha/?ev_y=2017&ev_m=11

http://www.philharmonia.spb.ru/en/afisha/175069/

*サンクトペテルブルグのホールの様子。

以下、画像をクリックするとCD販売ページへ。

 

 

山下和仁ホームページbrinrinri

山下和仁関連ブログ記事

2016年4月西日本新聞記事

西日本新聞記事

 

朝日新聞記事