2014/4/5
「年に一回の『みんなのコンサート』だけでは生徒さんの日頃の成果の発表の場が少ないなあ・・」
という事で
縁側コンサートの生徒さん版として縁側発表会を開催しました。

私の学び舎、長崎ギター音楽院では
毎月、毎月(500回を超えてます)この様な機会があり
どれだけの恩恵を受けたか計り知れないです。
恩返しとして、すたじおGの生徒さんに人前で弾く場を提供できるようにしてみます。
毎月はちょっと難しいので二ヶ月に一回くらいかなあ。

日頃のレッスンで
「音楽は人の心に届いた時にはじめて成立する」
とか
「練習は本番の様に」
などとお伝えしてますが
本番の数が少ないと実感が沸かないでしょうし
説得力に欠けますからね。

来場者11人
演奏者9人
ソロもデュオもありました。

20140406-111945.jpg

終わってからは持ち寄りの手料理で
美味しく楽しい時間を共有できました。
うちの一品はまた娘作のパン

20140406-161113.jpg
やらビールやら

20140406-161446.jpg
やらギターの集まりらしくトーレスやら

20140406-161518.jpg
先日頂いた自家製ビール(ベルギー流、フランボワーズ漬け)
やら。

縁側の外、演奏者の背後には
雨にしっとり濡れた…

20140407-092432.jpg

スミレの花咲く

20140407-092530.jpg

アップで

20140407-092550.jpg

この記事を書いた人

ギタリスト 橋口 武史
長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA