Tel : 092-526-3199

第500回長崎ギター音楽院サロンコンサート


#34
2013/8/10

毎月一回行われている研究発表会が500回を迎えるということで
大阪から戻ってすぐでしたが演奏させてもらいに長崎に行ってきました。

デュオで平戸健吉氏とソルの第一歩。
中学生のときに平戸氏とジョイントコンサートで弾いたり
近年ではうちの「縁側コンサート」でも弾いた私たちには定番の一曲。

DSC00722

数年ぶりにまったくリハもなしでぶっつけ本番でも楽しく演奏できるのは場数を踏んでいるから。

DSC00721

ソロでは小学校4年生の7月の第2日曜日、第157回サロンコンサートに初めて出演したときの思い出の一曲、L.ワルカーの小さなロマンスを。
L.ワルカー女史のお弟子さん長谷川弦さんのコンサートが先月、唐津市で行われた際に少しお話をさせてもらったら

ああ、あのビラロボスのプレリュードと禁じられた遊びをくっつけたような曲ですね!

と笑いながら言われてましたが、冒頭の部分を6/8の2拍子を感じながら演奏しないと本当にビラロボスのプレリュード第1番とゴッチャになりそうです。

我らが師匠、山下亨先生はそのプレリュードをコンサートの最初に演奏なさいました。

いろんな人がソロやアンサンブルを演奏して3時間ほどのプログラムは進行。
いきなり楽譜を渡されて初見大会(こうやって鍛えられたのです)だったり

DSC00723

坂元さんのラヴェルの後は山下先生の指揮、全員合奏でヘンデルやモーツァルトなど弾いて華やか(賑やか?)に終わりました。

DSC00726

記念品を山下先生にお渡しして、打ち上げ。過去500回分のプログラムをみんなで見たり、思いで話に話を咲かせたり和やかに過ごしました。

毎月毎月開催されている山下先生のエネルギーには頭が下がります。
また、このサロンコンサートのおかげでどれだけ舞台度胸を付けさせてもらったか、
子供のころは山下和仁さんもほぼ毎回演奏されてましたので、間近であの演奏を聴けていたなんて贅沢な時間でした。
先輩方が演奏するのを聴いていろんな曲を知ることが出来たし、今の自分の大切な一部分です。

この記事を書いた人

ギタリスト 橋口 武史
長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。
カテゴリー: コンサートレポート, ブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA