#25
2013/6/16

SDIM1143

小倉城横のリバーウォーク北九州4Fにある朝日新聞西部本社
朝日さんさん広場
バイオリンの加来洋子さんとチェロの田元真木さんとのトリオで演奏しました。

先月末の虹と海のコンサートの後も小刻みに合わせを重ねて二度目の本番。
曲目も若干替えて、チェロとのデュオではサン=サーンスの白鳥を。伴奏最後の高音から降りてくるところはハーモニックスを駆使するようアレンジを変更。自分で変えておいて何ですが、コレが難しい!

チェロとバイオリンのデュオ(ドヴォルザークのユーモレスク)を控室の入口から。田元さん写ってないですけど。

20130617-102651.jpg

その場で曲目の増減もして、ギターソロのアルハンブラの前にはたっぷりMCも入れて、アンコールの後に抽選会もあって、終わってみたらしっかり一時間。

コンサート終了時にはなんと!新聞が出来上がって、皆さんに配布されてました!

20130617-095713.jpg

さすが新聞社の仕事。
最近の結婚披露宴でも、当日の様子を撮影して宴の間に編集して映画のエンドロール風に最後にスクリーンに上映する、という演出がありますが、同じ感じですね。

sigmaのSD15で写真を撮ってみたりして…

SDIM1141
(せっかくなので3人の写真を、と思って試しにさんさん広場から出たところを試し撮り)

SDIM1146
(暗いので絞り開放にしたら被写界深度が浅くて田元さんはピンボケ&フレームに収まってない。試しにiso感度上げてみたらノイズがすごかった)

SDIM1153
(もういちどさんさん広場の中に戻って。ホワイトバランスが….)

SDIM1161
(田元さんにカメラを渡して。借り物&気難しい機体なのでちょっとドキドキ。なぜかチェロを持っているお茶目な加来さんphoto by Maki Tamoto)

SDIM1159
(本番続きで若干お疲れぎみな田元さん。photo by Yoko Kaku)

一応、三脚も持っていってはいたものの本番で演奏して「3人の」写真を自分で撮るというのはなかなか大変だということがわかって
場所を移して、7/7に向けてまた練習。

帰りはミスティックな夕暮れをもちろんオープンでドライブ(^_-)

小倉の朝日カルチャーのシャンソン教室の生徒さんや、友人ギタリストのお父さんなど、ご来場下さったみなさん、お世話下さったさんさん広場のみなさん、有難うございました。

この記事を書いた人

ギタリスト 橋口 武史
長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA