コンサートの写真、動画


もうだいぶ時間が経ちましたが
先月の西南コミュニティーセンターでの橋口武史クラシックギターコンサートには、多くのお客様のご来場を頂き、
冷えて逃げる2月でありながら、温かい音楽の時間を共有出来ましたことを改めてお礼申し上げます。

橋口武史もおかげさまでいろんなコンサートで弾かせて頂いたり、他のアーティストの演奏を聴かせて頂いたり
生の音楽の共有の機会を頂いておりますが
演奏中に携帯電話やカメラを奏者に向けるお客様を多くお見かけしていました。

別に販売するわけではなく
個人的に携帯に保存して楽しまれる方がほとんどでしょうから
肖像権が云々など言うつもりもありませんし
「有り難いことですから、どんどん録音、拡散してください」と言われる演奏家もいらっしゃいます。

でも、フラッシュやシャッター音、録画の際の音は奏者にも他のお客様にとっても集中力を削ぎます。
また、タブレットの大きな画面で前列で堂々と録画されると、後方のお客様からは実物よりも明々と目立って見えてしまいます。
(私もこのブログの写真はいつもシャッター音がしないように最高尾から遠慮しながら撮っているんですよ〜、笑)

音楽の唯一の特権、特徴である「今、その時」を皆様と楽しみたくて
2/16のコンサートでは本編の録音、録画、写真をお控え頂くようお願いたのでした。

やはり録音も写真も我慢された方が多くいらっしゃったようで
アンコールになるとドッと白い光と電子音があちこちから発せられました。
本編でたくさんの方がご協力くださったということがわかり、私たちとしても本当に有り難かったです。
改めてお礼申し上げます。

橋口武史クラシックギターコンサートアンコール

あのコンサートの数日前に
私が学生時代に所属しておりましたギターサークル「西南学院大学河鹿ギターアンサンブル&ラテンパーカッション」から
「ギターを弾いているサークルの現役の皆さんにクラシックギターの名曲を知ってもらいたいので録画して欲しい」と依頼がありました。
(河鹿に限らず、多くの大学のギターサークルでクラシックギターのソロから離れる傾向はずいぶん前から続いています。)

急遽、ビデオカメラを同サークルOBの大先輩に持参するようにお願いしました。そうしましたら
たった一時間のコンサートでは受付の片付けが終わらず、本編は全く聴けず、やはり休憩を入れるべきだった
と嘆く私に思いがけないプレゼントがありまして

橋口武史クラシックギターコンサートDVD

「奈穂子さんに一番聴いて欲しかった!」と有り難い思いやりの言葉をくださる友人に、「それがね〜いいものを頂いたのよ」と自慢。

これがまた、会場で聴くには遠く及ばないとは言え、思いの外 素晴らしい出来で録れていまして、お陰さまで一人でじっくりと楽しませて頂きました。先輩!ありがとうございます!
でもこれは、私の為に録った録画ではなく、河鹿の後輩の為に録ったのでした….笑

河鹿の皆さんの他にも
ステラ、シフォンのメンバーはもちろん、教室の生徒さんで来場できなかった方、
声を掛け合って会場に足を運んでくださった九大ギターアンサンブル現役、OBの皆さま、
コンサートには行けないけど、ライブ録音の販売はないのか?とわざわさお問い合わせいただいた数名の方、
入院以前はすべてのコンサートに顔を出して下さっていて、今は病院のベットで楽しみにして下さっている方、
いつもすたじおGを応援してくださっているけど、たまたまその日に用事があって来場不可だった方、
遠方から(海外にもいらっしゃるようです)いつもサイトを覗いてくださっている方、
その他の皆様に感謝の気持ちをこめて、サイトへのアップを覚悟しました。
河鹿のサイトにも同じ曲が載せられます)

この動画の編集に、同サークルの後輩にも多大なご協力を頂きました。
指の動きが音と動画がずれるので、私の力では如何ともしがたく、河鹿のサイトを作ってくれている後輩へ依頼しました。
すたじおGの力だけでは、後日これだけの内容をサイトへ載せることはできませんでした。河鹿の関係者の皆様には心よりお礼申し上げます。

いろいろと考えましたが、数曲だけアップさせて頂くことにします。
会場の音がそのまま入ってますし、もちろん修正など全くありませんから、お聞き苦しい点もあるかと思いますが
クラシックギターが皆様により近くなれば幸いです。

まずは、皆さんが録られたアンコールから。。。
うちの中2の男の子の生徒さんは、「せっかく録ったけど、後ろだったからうまく録れなかった」と言っていました。
「ホームページで聴いてね」と伝えました。

2013年2月の国内線機内CM,クーコモールのCMも載せます。
15秒でなく曲全体を知るのは面白いです。
同じ曲でも映像が違い、ナレーションが入ると全く別の印象を受けます。

橋口武史がニヤニヤ笑っているのは
皆さんの「ピロリン」「カシャ」とう連続音に笑いがこみ上げたそうです。

大聖堂(A.バリオス)

ラグリマ、アルハンブラの想い出(F.タレガ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。