山下和仁 バッハリサイタル 福岡シリーズ Vol.3

Yamashita Kazuhito bach recital fukuoka series vol.3

山下和仁 バッハリサイタル 福岡シリーズ Vol.3  (Yamashita Kazuhito bach recital fukuoka series vol.3)


一番下カートボタンよりチケットをお買い求めいただくことができます。
皆様のご来場をお待ちしております。

< 山下和仁バッハリサイタル福岡シリーズ Vol.3 >
山下 和仁ギターリサイタル

Kazuhito Yamashita plays J. S. Bach

シャコンヌ(BWV1004より)
無伴奏チェロ組曲第5番 BWV1011 / 無伴奏チェロ組曲第6番 BWV1012

Kazuhito Yamashita Bach Fukuoka Concert Series Vol.3

*CHACONNE from Violin Partita No.2 BWV1004 (J.S.Bach / arr.Yamashita)
*Cello Suite No.5 BWV1011 (J.S.Bach / arr.Yamashita)
*Cello Suite No.6 BWV1012 (J.S.Bach / arr.Yamashita)

2018年 1013 (土)開演 7時 PM 開場6時半 PM

SS席¥6,000  S席¥4,500     A席¥3,000(全席指定)

なみきホール   福岡市立東市民センター(なみきスクエア内)
※1階席658席(車椅子席6席設置可能)

福岡市東区千早4丁目21番45号 092-674-3981
※未就学児のご入場はお控えください

tel 092-526-3199     fax 092-526-3210
*FAXにてお申し込みの方は以下のリンク先より用紙を印刷して送信をお願いいたします。
山下和仁バッハリサイタル福岡シリーズVol.3 ファックス申込用紙

山下和仁バッハリサイタル福岡シリーズ Vol.3
(Pコード:118772)

山下和仁バッハリサイタル福岡シリーズ Vol.3
(Lコード:83554 )

山下和仁バッハリサイタル福岡シリーズ Vol.3

チケット取り扱い楽器店

・島村楽器福岡イムズ店 福岡市中央区天神1-7-11 福岡イムズ5F TeL092-736-5610 10:00〜20:00
・有明楽器 熊本市東区健軍本町54−12 Tel 0120-968-133 10:00〜19:30 (土日は18:00まで)
・大谷楽器 熊本市中央区上通町7−1 Tel 096-355-2248 10:00〜19:00
・紫音館 Tel 080-3900-1058 https://sionkan.com

<山下和仁バッハリサイタル福岡シリーズ>

第1回:2016年4月17日(日)14:00〜 あいれふホール
*無伴奏チェロ組曲第1番BWV1007   *無伴奏チェロ組曲第2番BWV1008 *無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004

第2回:2017年4月22日(土)14:00〜 あいれふホール
*無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009  *無伴奏チェロ組曲第4番BWV1010
*プレリュード、フーガ、アレグロBWV998
*無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番BWV1003

第3回:2018 年10月13日(土)19:00 〜 なみきホール
*無伴奏チェロ組曲第5番BWV1011 *無伴奏チェロ組曲第6番BWV1012
*シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004より)

山下和仁 ギター Kazuhito Yamashita – Guitar

生きながらにして伝説となる人がいる。CDアルバムを83点発表していることからわかるように、広大なレパートリーを持つ山下和仁。世界各地の国際ギターフェスティバルに、ジャズやフラメンコの大物と共にクラシックギターの雄として、毎年のように招待されている。ポルトガル・サントティルソでの「4つのギター協奏曲の夕」、メキシコ・クエルナバカでの「アジア作曲家の夕」、スペイン、ベネズエラ、セルビア、スウェーデン、、、欧米各地での公演に加えて、2014年には初のブラジルツアーを行い、各地で熱狂的に迎えられたほか、2015年にはメキシコやボリビアでも公演、同年アメリカツアーでは2014年の兵庫での昼夜2公演「バッハ:無伴奏チェロ組曲全6曲」もそのまま披露された。2016年は、韓国・ソウル公演(ギターオクテット・コリア ー ジャパン)に始まり、長女・紅弓とのデュオでイタリア公演、次女・愛陽とのデュオでポルトガルでリムスキー・コルサコフの「シェヘラザード」全曲演奏など、3度渡欧。

さらに特筆すべきは、ペルー・クスコの世界遺産サクサイワマン遺跡における満天の星空と巨石群に囲まれながらのソロリサイタルであろう。2017年、国内では福岡、兵庫のほか東京・紀尾井ホールでも6年ぶりにリサイタル開催。ペルー・リマにて「黎明期の日本ギター曲」リサイタル。また、ロシア・サンクトペテルブルグ・フィルハーモニア大ホールでのバッハリサイタルが超満員となる。山下のバッハ演奏は名高く、今年4月のイタリアツアーでも前年に続き「無伴奏チェロ組曲全6曲」2夜コンサートが開催された。また、世界遺産・テアトロオリンピコでのソロ・リサイタルが大成功をおさめた。年内に南米および北米ツアーも予定。

1961年長崎市に生まれ、父、山下亨に8歳よりギターを学ぶ。また作曲家の小船幸次郎に師事。15歳で全国コンクール(現・東京国際ギター・コンクール)に優勝のあと、16歳の時にラミレス、アレッサンドリア国際、パリ国際の世界三大ギター・コンクールに、いずれも史上最年少優勝という快挙をなし遂げた。
その後、日本国内や欧米に演奏旅行を重ねながら、次々と話題となる録音を発表。1981年の自編<展覧会の絵>が大反響を得る。

以後、<火の鳥><シェエラザード><新世界より>などオーケストラ用大曲を次々とギター用にアレンジ、さらに<バッハ:無伴奏ヴァイオリン・チェロ・フルート・リュート組曲BWV995 -1013(5CDs)>を連続して録音したシリーズは特に名高く、特殊な技法も併せて前人未踏の域を示した。かたわら<ソル:ギター曲全集(16CDs)>
<ヴィラ・ロボス><カステルヌオーヴォ=テデスコ:ゴヤによる24のカプリチョス(世界初録音)>などギター本来のレパートリーにも、名演の誉れ高い。
ウィーンのムジークフェライン大ホール、ニューヨークのリンカーンセンター、シカゴのオーケストラルホール、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニア大ホールなどでソロリサイタル。1984年トロント国際ギター・フェスティバルでセンセーションを呼んで以来、その名声は国際的にも既に不動のものといえる。L.スラットキン、R.フリューベック・デ・ブルゴスなど世界的指揮者やオーケストラとも数々共演。またジャズギタリストのラリー・コリエルやフルートのJ. ゴールウェイ、コントラバスのゲリー・カー、東京クヮルテットなどと共演。また長年にわたり、演奏活動のかたわら、日本の雅楽および古楽の調査・研究をかさね、その範囲は国内のみにとどまらず、はるか大仏開眼式の昔にさかのぼる隣国・遠国のルーツをたどって、韓国・カンボジア・ヴェトナムにも及ぶ。2004年からは、家庭内音楽の復興を目指して自身の子供たちとともに「山下和仁ファミリーカルテット・クインテット」を結成し、欧州屈指のコルドバ国際ギターフェスティバルに2度招待されたほか、欧米アジア各地で公演。長女(紅弓)とはギターデュオCDも発表、次女(愛陽)とはパリ公演のほかエストニア国立交響楽団とダブルギター協奏曲を演奏している。

国内外の作曲家たちの新作委嘱初演にも意欲的で、山下和仁のために書かれた作品は60曲を越えている。CD「黎明期の日本ギター曲集」で平成11年度文化庁芸術祭大賞を受賞。

電車でのアクセス
JR鹿児島本線「千早駅」 下車 徒歩約1分
西鉄貝塚線「千早駅」 下車 徒歩約1分

バスでのアクセス
西鉄バス「千早駅」バス停 下車 徒歩約1分  (系統番号 1,2,3,4)

車でのアクセス
福岡都市高速「香椎浜」より車で約5分  福岡都市高速「香椎浜」出入口より千早方面(東)へ約5分
天神方面から  国道3号線「香椎浜団地入口」信号を右折→「千早4丁目」信号を左折
香椎・和白方面から  国道3号線「御幸町」信号を左折→「千早4丁目北」信号を右折

主催:すたじおG
後援:福岡市 (公財)福岡市文化芸術振興財団


beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した 文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を 国内外に発信する取組です。

 

注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
Yamashita Kazuhito bach recital fukuoka series vol.3SS 山下和仁 バッハリサイタル 福岡シリーズ3SS (¥6,000) ¥6,000
在庫有り
Yamashita Kazuhito bach recital fukuoka series vol.3S 山下和仁 バッハリサイタル 福岡シリーズ3S (¥4,500) ¥4,500
在庫有り
Yamashita Kazuhito bach recital fukuoka series vol.3 山下和仁 バッハリサイタル 福岡シリーズ3A (¥3,000) ¥3,000
在庫有り
Yamashita Kazuhito bach recital fukuoka series vol.3

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前
メール
ウェブサイト

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください