3/22は、山下紅弓さんのコンサートが熊本の健軍の教会でありました。

その日はちょうど熊本でギターのレッスンがある日でした。
前日にたまたま山下和仁さんから情報を聞いた私は
生徒さんたちに当日レッスンを急遽コンサートを聴く時間にしないかご提案しましたら
快諾いただき、私を含めて4人でレッスンをしている水道町からコンサート会場の健軍まで行きました。

昨年の6月に橋口武史もソプラノの大村純子さんと一緒に演奏させていただく予定だった(地震で中止)教会に思いがけず別の形で訪れることとなりました。

昨年の秋からギターを始めた生徒さんたちは、今、単音でメロディーを弾いて楽しんでいます。
単音のメロディだけでもアンサンブルになると響き豊か!
笑ってばかりのアンサンブルですが・・。

どちらかというとクラシックギターよりフォークギターに馴染みのある方や、その違いもよくわからないけど、音楽がやりたい、弾いてみたい、という方に「ドレミくらいなら奥さんでも教えられるでしょう。」と、コンサルタントの先生に勧められて始まったこの教室、
思いの外楽しくて、演奏は夫に任せておけばいいと思っていた私には生徒さんの感想や感覚に刺激を受ける時間です。

何十万もする講師料の先生や従業員を何十人もかかえる企業の社長さんでも、ギターの前では可愛い?生徒さんですから、ビシバシ・・というのは嘘で、からかわれながら、でも真剣にギターを弾く生徒さんと楽しくやっています。

その生徒さんたちが、本格的な山下紅弓さんのクラシックギターの演奏を聴いてどう思われるのか?興味と不安とありました。
私には馴染みの曲でも当然、生徒さんは知らない曲が多いのです。

バッハやヘンデルのほかに、現代の作曲家も次々と並ぶプログラムで、響きの豊かさにただただうっとりするばかりでした。

・響きがきれいだった。
・情緒豊かな演奏だった。
・指さばきがすごい、あんなに左手が開いて速く動くものなのか?
・一曲、一曲、曲名を言って欲しかった、(プログラムだけでは、楽章なのか?一曲終わったのか?わからなかった。)
・演奏のスタイルが橋口先生と違って面白かった、あんな風に弾けるようになりたい。

等々、クラシック音楽にほとんど馴染みのない方々でも、まあ、私の感想と大して変わらないのだと安心もしたりして、自分ももっと弾いたり聴いたりしなくては、と焦ったりもして。

4番目の曲名についての感想は、特筆すべきでしょう。

教会の椅子に一列に座った私たち。
端に座った私が「今、この曲!」とメモを回そうか?と何度か思ったことがやはり当たっていたわけで、せっかく聴きに来て、プログラムが目の前にあっても、なんの曲かわからなかったら次に聴きたかったり、弾きたかったりした時に探せないのはもったいないと思いましたし、生徒さんにしっかり指摘されました。
「今まで縁がなかったから、知識も演奏技術もないけど、僕もこれを機にクラシックギター音楽に詳しくなりたいと思っているんです!それなのに、綺麗ないい曲だったなぁ、だけで終わったら次に繋げることが難しい。。」

そこで、そんな私たちに朗報です!

山下和仁さんと紅弓さんの二重奏のCDが発売されます。
ちゃんとブックレットがありまして、曲目解説もついています。

北九州の響ホールでの録音ですたじおGは製作に携わらせていただきまして、私は、山下和仁さん、紅弓さん、愛陽さん(ベルリン大学在学中)エンジニアの有住壽一さんたち、そして、何よりも、(公財)北九州市芸術文化振興財団、橋口武史の出身である九州大学ギターアンサンブルの先輩を始めとする北九州市の職員の方々、響ホールの関係者に大変お世話になりました。知らなかったレコーディングの世界にどっぷり浸った時間でした。
リリースされるのがとても嬉しいです。
本当は、もう少しジャケット製作についてもお手伝いさせていただけるはずでしたが、急にすたじおGの移転が決まりまして、思うように時間が取れない私がCD製作に携わるのを諦めようとするところを山下さんが可能な限り情報を送ってくださいました。

4/21リリース
4/22のあいれふホール 山下和仁バッハリサイタルではロビーにて販売いたします。
新しく移るすたじおGの高宮教室やこのオンラインショップでも販売の予定です。

是非、お買い求めの上、紅弓さんと山下和仁さんの豊かな響きと演奏をご堪能ください。

 

 

おまけの写真。
メガネが壊れてコンタクトレンズにした橋口武史ですが、慣れない見えないに疲れ果て、ついに熊本でフレームだけ買い換えることに。
帰りに寄った教室で私の生徒さんたちに「弱起」と「異名同音」、「付点〇〇音符」について説明する夫。

なんとなくはわかって弾いていても、言葉で説明するのは難しいものです。
いなかったら、私はすぐ「夫に聞いて来まーす」で済ませますが、今回は直接説明を受けることができて分かりやすかったそうです。

 

 

この記事を書いた人

すたじおGの横顔
すたじおGの横顔
ギターアンサンブルが日々の楽しみです。フェイスブックリクエストお待ちしています。面識のない方はメッセージください。お目にかかれるのを楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA