大阪・対馬旅行記


この春、桜咲いた娘。

いい加減、部屋を片付ける気になった模様。
凄い数のゴミ袋が玄関を占領しています。
出て来たチラシを見て爆笑の我が家。
自虐ネタには事欠かない私。

当時小学校1年の娘。あれから9年。
今年のみんなのコンサートは12回目。
10/7 九州キリスト会館にて!
いつもたくさんの方に支えて頂いてありがとうございます。
明日は対馬です!

—————————

と、ここまで書いて、ブログを下書き保存して
翌日、対馬に携帯を忘れて行った私。。。
福岡空港まで送ってもらった夫に「何かあったら電話して・・」とカバンのポケットを探ったら携帯がなかった!

3/20は、私たち夫婦の結婚記念日でしたが・・・
19日から音信不通の2日間。

普段、携帯のない世界に行きたい、スマホのない世界に行きたい。
夢は、スマホのない南の島でゆっくりリゾート気分を味わう・・(ちなみに、家族は誰もこの夢について来ません、携帯大好き人間、笑)
なんて、仕事人としては失格のことを口にするから、ちゃんと神様が素晴らしいプレゼントを与えてくださいました。

携帯のない対馬!
連絡を取りたくてもとれない、南の島じゃなかったけど理想のリゾート地。

そもそも何故、対馬かというと

昨年の11月3日に山下和仁さんと紅弓さん、波父くんの琴とクラシックギターのコンサート(長崎県、対馬市教育委員会主催)で対馬に出かけて魅了されたからです。

この時の演奏がどれほど素晴らしかったかは、私なぞが言うに及ばずですが・・
山下さんのお琴の演奏やクラシックギターのソロの演奏も広がる海をバックに聴けたのは
すごい経験でした。
紅弓さんや波父くんのギター以外の演奏も聴けたのも貴重な体験でした。

対馬の方々も、「すごいね〜」と、とても驚いておられました。

 

あの花海荘に泊まれるんですか!?

それなら是非!ということで参加しました。

山下和仁さんから
「イルカウォッチングが出来るかもよ、対馬とんちゃん、美味しいよ。」

前評判はしっかり聞いて行きました。

どちらも叶いませんでした。
対馬とんちゃん、タレだけ買ってきました。
山下さんがそれだけでも美味しさがわかると言われましたので。
確かにすごく美味しいタレでした、試しに入れてみた豆料理にもよく合う。
なんだ、対馬マメちゃんでもいいんだ(笑)

実は、携帯を忘れたのはこの日限りではありませんでした。

この日から一ヶ月前の大阪で
連れて行っていただいた串揚げ屋さんでしっかり忘れました。
5/30に山下和仁ギターリサイタルを兵庫にて主催される大野先生がわざわざお店に取りに行ってくださったという失態・・・。

 

恥ずかしさは輪をかけまして
その次の日に会った私の大学のギターサークルの先輩と会う時間に
前日ホテルで充電できなかった携帯は、
持っていても意味のないほどに電池が残っていなかった。。

先輩と連絡の取りようがない!と焦った私は
ひなとかのんの作者の森山和泉さんに西宮で聞いて充電できる場所を探すも
どこも気の利いた?カフェは一杯で充電できずに
会えないかもしれない先輩に会いに初めての心斎橋へ向かうドキドキの数時間。
案の定、方向音痴の私は迷いまくり・・・。

会えた時はどんなにホッとしたか。。。
連れて行ってもらったお好み焼き屋で先輩がまずしたことは
お店の人に電源を借りること。。
ああ、電気があるって素晴らしい。
それも無償で。
神様、ありがとうございます。

話は戻って、3/19、20の対馬での体験は素晴らしかったです。
とくにクルージングは最高でした。
ずーっと甲板にいて、11/3に陸地から眺めた同じ場所を海から眺めていました。

別に南の島に行かずとも、北の島でもいいんだ!しかも、国内!
つしまドンナの皆さん、山下さん、ありがとうございます。

携帯がないので、カメラも持って行ってなかった私は写真も撮れません。
昨年の11/3の写真を載せます。

3月は「つしまドンナ」の主催でしたから
16名ほどの女性たちとツアーで行きましたが

昨年11月は、長崎県と対馬市の主催でしたから
一人で行きました。
でも、以前、福岡県から長崎県へ出向していらした方が福岡空港からお付き合いくださいまして
長崎県の方や、地元対馬の方と対馬の素晴らしさをPRしてくださいました。
その出向で山下さんの関係の仕事をされた当時から数年経って担当部署を離れていらっしゃるのに、プライベートでお付き合いくださる方々に本当に頭が下がりました。

その時の写真です。
本当に素晴らしかった。
つしまドンナのツアーでも海か陸の違いはありますが同じ場所にも行きましたので、その写真の一部を。。。

 

 

そんな山下さんのリサイタルが4月22日にあいれふホールで開かれます。
すたじおG主催です。
長崎県や対馬の方も山下さんの素晴らしいバッハをあいれふホールで聴きに駆けつけてくださいます。

福岡、長崎の方はもちろん、東京、北海道、名古屋、鹿児島、熊本、水俣、大分、北九州、茨城、大阪、
日本全国津々浦々からいらっしゃるお客様、本当にありがとうございます。
どうぞお気をつけていらしてください。
あと少し残席ございます。

 

山下さんもとても楽しみにしてくださっています。
その日、その場限り、一度しか聴けないバッハ。
4/22のコンサートは4/22にしかないバッハの世界なのですよ、とおっしゃっていました。

 

 

山下さんは、私に「携帯をお忘れなく!」と言われますので
(その後も携帯を忘れて、山下さんからの電話を何度か取り損ねました。)
自虐ネタを通り越して、仕事相手として失格ですが
なんとかクビにならずにすんでいます。

なぜならば、山下さんは携帯をお持ちでないから?笑。

私は今後、必ず持ってでますので、ご予約の電話お待ちしています(笑)
080-3901-0365

11/3も3/20も本当に素晴らしい経験でした。
対馬と壱岐の違いもよくわからなかった私は、歴史や文化背景を知ることも含めて山下さんの関係でたくさん勉強させてもらっています。

結婚記念日でありながら、連絡の取れない2日間を過ごし、送り迎えをしてくれた夫と
「ほらー、フェイスブックに娘ネタだとこんなにいいね!がつくよ。」と言った私に
「どんなにたくさんの人のいいね!より、たった一人のお母さんが側に居た方がいい。」と言った娘と
3/20の福岡室内楽協会のコンサートのお世話で
すたじおGの生徒さんを受付に起用してくださって
いつも橋口武史を私とともに支えてくださる白水雅代さん。(もちろん、ほかの演奏家、ほかの主催の方も支えておられます、私から見て・・です。)

対馬でご一緒してくだった、長崎県、福岡県、対馬市の職員の皆さま(いただいたお土産、楽しかった懇親会、思い出がたくさんです。)
2日間で楽しい思い出をたくさん作ってくださったつしまドンナの皆さん、

こんなに失態ばかりの私を「これからも応援していますから」
と、どうしていいかわからない時になんでも相談に乗ってくださり、相変わらず手のかかる主催者の相手をしてくださる山下和仁さん
そして、最近私の不在が多くとも、橋口武史を支えてくださり、4月22日も早くからチケットをご購入の上、お友達を誘って、スタッフにもなってすたじおGを支えてくださる生徒さんたちに心から感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。