フルート&ソプラノ&ギターコンサートレポート


毎週続く橋口武史出演コンサート、すたじおG主催にもかかわらず、不本意ながらお客様を集めきれずに迎えた当日。
今回も当日思いがけない方々からのお申し込みや差し入れを頂いて何とか無事に乗り切りました。

先週も発表会「みんなのコンサート」から打ち上げまで一日中ご参加お付き合いくださった生徒さんが見えた時には「えっ?何で来たんですか?」お顔を見るなり我ながら失礼な質問。。「えっ?来たかったから。。」当たり前な答え、笑。「あの人、〇〇さんに似ているな〜。まさかね。」なんて思う私の驚きと感謝。

毎度毎度のことですが、共演者に助けられました。

そして、演奏者でなく、私だけへ差し入れをくださった初対面の方。
ここでまた驚きと感謝と入り混じった気持ち。。そして、「なぜ?私に?私はただの裏方ですよ。」不思議な気持ち。。
「前回2月のフルート、ソプラノ、ギターも良かったから、来たかったんです。
夜分ギリギリにチケット申し込みをしたお詫びに。。」
もう辞めようか?と思っても辞められない、のはこれがあるから。誰かが見ていてくれる。

img_4565

女性お二人の優しさが滲み出る本当に素敵ないいコンサートでした。
この組み合わせはとてもいいです。
お客様が少なくても続けるべきだと心から思いました。
さっき止めようと言ったのは誰だ?
懲りない私。行ってやらねばならぬのではなかろうか?と悩ませてしまう皆さんにはご迷惑かもしれませんがお付き合いいただければ幸いです。

この組み合わせでこの会場にしかないこの時間、空間。
日本中探しても、いえ、世界中探してもない貴重な時間だったと思います。

 

大阪、大野ギター音楽院にお借りしているサイモン・マーティーの説明をする橋口武史。
小さな音量がデメリットのクラシックギター。
他の楽器との合わせの時はこの大きな音の出るギターが力を発揮します。
生の音で十分に対等に演奏できます。

お借りした最初の頃はソロ専用の松村ギターと持ち替えるのに苦心していましたが、最近は慣れて二刀流もお手のものです。
でも今回は、ソロも全てサイモン・マーティーで弾いていました。

img_4566

img_4567

img_4568

img_4569

img_4575

 

 

ソプラノ大村純子さん、そして、特にフルート深見洋公さん本当にありがとうございました。

大雨の中、ご来場くださった皆様、(毎回、忙しい時間をやりくりして支えてくださる皆さまには本当に頭があがりません。)そして、来れなくても気持ちで支えてくださった皆様、次回も(もし、あれば)よろしくお願いいたします。

毎回お世話してくださる会場の貴賓館、イオンディライトの方にもお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。