本番参観?


毎週金曜日に福ビル7階で橋口武史が弾かせていただいている天神オアシスクラブ

一体何年お付合いいただいているか数えるもわからない毎週金曜日1時間半。
昔の記事

本当に初めて、全く初めて、同行させてもらいました!
私にとって本当に記念すべき日でした。

さりげない後押し?をいただいてようやく同行実現。
本番を拝見してわかったことは、たくさんあります。百聞は一見にしかず。

シャンソンの関雅子先生とそのお弟子さんたちの伴奏で、音楽を認知症の皆さまに聴いていただく時間。とは伺っていましたが、想像していたのとだいぶ違うことがわかりました。

ほとんどが当日、「これでお願いしま〜す」と楽譜を渡されるぶっつけ本番であるということ。
何小節目までバラード風で、ここからちょっとリズミカルに刻んで。。

それで、皆さん、いくつかの持ち歌や新曲を上手に使いこなしてあるということ。
ある程度は、曲が決められていて、曲集の中からみんなで歌う時間がたくさんあること。
その歌詞カードの歌詞に歌いながら泣きそうになる私がいること。(苦笑)
橋口のソロも弾かせていただいていること。
相方のピアニストさんも素敵な方であるということ。
関先生のトークが舞台に立たない方々をも含めての人生模様をひきたてなお一層楽しいこと。
ほか、ここにお名前の出ない方々も交代で舞台に立ったり、脇で音を添えられて皆さんのチームワークがとれているということ。

認知症の方々のためのデイサービスが天神の真ん中に存在するというのは、とても価値のある貴重なことだと思います。
皆さんがとても喜んでくださっているのが伝わって来てうれしかったです。

音楽でもお習字でも絵画でも芸術活動によって人は心の栄養をいただけるのだと改めて思いました。

中島さん、関先生、一日参観お世話になりました。ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


写真はその日の晩に行った長崎で。
長崎ギターコンクールで山口修先生とお話させて頂けて嬉しかったと言われるすたじおGの生徒さん三村沙希さん。
3人でその山口修さんとピアノ後藤美樹さんとのコンチェルトを聴きに行っていい時間を過ごさせていただきました。
帰りに立ち寄って過ごした時間もまたなかなかよきひとときでした♪

img_4534

img_4536

img_4537

コンクールといえば、前述のオアシスクラブで橋口と共演された関先生の生徒さんも10月にシャンソンのコンクールがお有りだそうです。
三村さんもその方も遠くまで行かれてご自身の舞台を重ねていらっしゃいます。
皆さまが研鑽を積まれるのをまぶしく眺めている私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。