4月17日に行われます、山下和仁ギターリサイタルのチケットは完売いたしました。
各ギター教室の先生方、他すたじおGが常日頃お世話になっている皆様にはチケット販売にご協力いただき大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
すたじおG関係各方面の他に遠方からの見知らぬ方々のお申し込みが多く、ご案内が行き届かず失礼した方もあったかと思いますがお許しください。

各新聞社にも大変お世話になりました。
特に、西日本新聞社には大きな記事にしていただきました。
取材に応じてくださった山下和仁さんと福岡から長崎へ取材してくださった西日本新聞社の平原記者にお礼申し上げます。

長崎ギター音楽院 山下亨先生にも大変お世話になりました。

また、他の各新聞社もコンサート情報を掲載いただきありがとうございました。
九州で日本で、世界の山下和仁さんの音楽がもっともっと聴けるようにこれからもよろしくお願いいたします。

記事はクリックして大きく読めます↓

2016.4.12.西日本新聞記事

2016.4.12.西日本新聞記事

2016.4.1長崎新聞記事

2016.4.1長崎新聞記事

IMG_4266
取材&写真撮影中の平原記者と山下さん。写真をこっそり撮って、後日サイト掲載許可をお願いする私です。お二人に本当に感謝しています。

「普段音楽を全く聴かないけど、記事を読んで聴きたくなったので、遠いし、足腰も悪いけど、補助席でもいいから行きます。」と言われたお客様もありました。
「『九州の人にこそ』聴いて欲しい。この一言が効いた!遠くても行く!」と言われた方もありました。

橋口武史の兄弟子というご縁で、兵庫で毎年山下さんのリサイタルを主催されている大野ギター音楽院大野朱美先生にご紹介をいただき、九州では久々、待望のソロリサイタルを主催させていただきますが、日本を、世界を代表するギタリストをこんな小さなすたじおGがどうやって主催させていただくのかオロオロの毎日でした。(まだ、終わっていませんが、汗。当日サポートしてくださるすたじおGギター教室の生徒さん,橋口武史のギター共演者たちに感謝です。)

山下さんの世界に轟く名声はもちろん、そんなにすごいお方でありながら、気さくに頼りない私たち夫婦を見守ってくださるお人柄と、記者さんの文章力、新聞の力に助けられました。

4/17はお気をつけてご来場ください。心よりお待ちしております。

たくさんの方をお断りする状況が続いております。

4ヶ月後にまた山下さんをあいれふホールで聴いていただくことができます。
山下さんの愛娘でいらっしゃる、熊本大学3年生、紅弓さんのコンサートに二重奏の共演者としてご出演いただきます。
皆様のご来場をお待ちしております。

 

山下紅弓ギターコンサート  共演:山下和仁

2016年9月5日 (月)  昼公演 14:00〜  夜公演 19:00〜   自由席

一般 3,000円  大学生以下2,000円  当日500円UP
あいれふホール

プログラム(*印は山下和仁とのデュオ)

コンポステラ組曲よりプレリュード / F.モンプー
アンクラージュマン Op.34/ F.ソル*
ワルツ/ F.ソル*(昼のみ)
ディベルティメント Op.36/ F.ソル*(夜のみ)
「小川の岸辺」による幻想曲 Op.40/ F.ソル(昼のみ)
カベソンの主題による変奏曲/ M.M.ポンセ(夜のみ)
〜 休 憩 〜
挽歌と祈り / F.タレガ(昼のみ)
ノルティーニャ /ゴメス・クレスポ (夜のみ)
24のゴヤのカプリチョスより/ M.カステルヌォーヴォ=テデスコ
「ゴイェスカス」より間奏曲/ E.グラナドス*
ロシアの思い出 Op.63/ F.ソル*

紅弓さんコンサート

紅弓さんコンサート裏

チケットご購入ページ

 

 

 

この記事を書いた人

すたじおGの横顔
すたじおGの横顔
ギターアンサンブルが日々の楽しみです。フェイスブックリクエストお待ちしています。面識のない方はメッセージください。お目にかかれるのを楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA