Tel : 092-526-3199

NGQ10周年記念コンサート


2015/10/24

気が付けば結成から10年過ぎていた長崎ギター四重奏団。記念コンサートを長崎市民会館で開かせて頂きました。(主催:音楽小屋 山口修氏、純子氏)  

  

市民会館はキャパ977人と大きいこと、後半はアンダルシア協奏曲をピアノの後藤美樹さんと共演することもあってマイクを使いました。

泣く子も黙るノイマン様。調べてみたらKM184はそんなに高価ではありませんでした。でも4本だと、それにピアノ用にDPAをペアだとなかなかすごい金額…^^;演奏家にとっての楽器と同じですね。

  

先立って撮影会を行った時の写真もちゃんと使われてます。

 

アレンジ係としての今回の私の仕事としては、みんなのコンサートでお披露目をしたジュリアーニの「大序曲」と、一週間前に仕上げたチャイコフスキーの「組曲 くるみ割り人形より 花のワルツ」の前奏。

ここから先の写真はビデオでいつも記録を残してくれる4番バッター、平戸健吉氏が、コンサート翌日に自宅でテレビで確認している画面を撮影して、グループメッセージで逐一実況中継してくれた時のものです。

前半は黒の衣装で。

  

後半は気分を変えてシャツで。ピアノの後藤美樹さんは赤と黒でスパニッシュ!
  

アンダルシア協奏曲が終わって後藤さんにお礼を言っているところ

  

アンコール一曲目が終わって客席に一礼。坂元さんのお辞儀の深さに注目!それに比べて私の浅いこと。
  

アンコール二曲目の最後の音!修さんは完全にこっちを向いてます。

  

最後何故か勢いで熱い抱擁をする私と平戸氏(彼はそんなつもりではなかった⁈)
 

と、まあ楽しんで頂けたのではないか、と思ってます。

リーダーとして、この10年間メンバーを引っ張り、コンサートを大盛況にて主催してくださった山口修さん、純子さん、ありがとうございました!

いつも一緒に盛り上げて楽しんで弾いてくれるさかもっちゃんとひらどっち、ありがとうございました!

そして、何より会場にお越し下さったみなさん、いつも応援して下さるみなさん、ありがとうございました!

12178260_1015651955165478_1344466732_n

この記事を書いた人

ギタリスト 橋口 武史
長崎出身で福岡に住む自然派クラシックギタリスト。
カテゴリー: コンサートレポート, ブログ, ブログすたじおG    タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA