レソラ天神ホールでマタニティコンサートでした。(主催:公益財団法人 母子衛生研究会)

マタニティコンサート

福岡 実施要領

福岡室内楽協会の白水さんがいらっしゃるとお聞きして、久しぶりに私も同行させていただきましたが
マイクを入れても入れていないかのような自然な響きで毎回PAの担当の方の技術の凄さに驚きます。
担当の方が変わらないと安心してお任せできます。マイクチェックも5分で終了!

IMG_4091

IMG_4090

IMG_4089

IMG_4088

普通はA=440Hzまたは442Hzですが、今日はA=432Hzでチューニングしたそうです。
ルドルフ シュタイナーも提唱しているA=432Hz。
ゆったり弾けていいと言っていました。
いつもは、少し入れるPAのリバーブを今回は完全に切っていましたが、ますます自然な響きでした。

このハロー赤ちゃんに出演させていただくようになって数年たちますが、毎回、初産の方がたくさんいらっしゃるのに驚きます。
そして、ほとんどの方が橋口武史はもちろん、クラシックギターそのものをご存知ないだろうなと思いながら、後ろから見ています。
そして、生まれた後にこんな時間を持てるまでかなり待たないといけないのだろうな、とも。
展示されている産湯の道具などを眺めながら、我が子たちの成長の軌跡を振り返る白水さんと私。

赤ちゃんにとって人生の始まりの時期に音楽を聴いて体験して欲しいと思いますし
お母さんにとっては、子育てで大変な時期ほど音楽の力によってエネルギーを補充して欲しいと思いますが
生まれてから数年は、音楽どころではない方がほとんどではないでしょうか。

最近では、「0歳前からクラシック」などの企画も福岡でされているようで嬉しく思います。
白水さんが主宰されている「わらべうた」も赤ちゃんと触れ合いながら音楽を体験出来る貴重な時間です。

12039563_706539076143732_1095951582658777510_n

音楽っていいな〜とお母さんもお腹の中の赤ちゃんも今日だけでなく、後々の人生のどこかで感じてもらえたら嬉しいです。
その力が後々の人生や希望が持てる社会を作って行く力になると信じています。

以下の動画は、控室で弾く橋口武史。自録りです(笑)。

虹と海とクラシックのテーマ曲でもあるソルの練習曲。
10月いっぱいまでの放送となりましたが、また、皆さんに聴いて頂ける日が来ますように、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

第5回 チャペルコンサート

この記事を書いた人

すたじおGの横顔
すたじおGの横顔
ギターアンサンブルが日々の楽しみです。フェイスブックリクエストお待ちしています。面識のない方はメッセージください。お目にかかれるのを楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA